さんだ学び・子育て情報局「食育の取り組み」(令和4年8月15日放送)

更新日:2022年08月25日

ページID: 18980

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に職員が出演し、子育てに関する情報や、タイムリーな話題を分かりやすくお伝えする広報番組「さんだ・学び・子育て情報局」。毎月第1・第3月曜日の12時から12時10分に放送していますので、ぜひお聴きください。

放送内容

三田市の食育の取り組みや食事、健康に関する相談先等について紹介しています。

三田市の食育~プラス1の食育~

三田市では5つの重点取り組みを定め、食育を推進しています。

キャッチフレーズは‛‛プラス1の食育’’で、今の食生活や食事の内容をあと一歩、もう一歩踏み込んで取り組んでいくというイメージで進めています。詳しくは、次のリンクをご覧ください。

三田市食育推進計画(後期)

・早寝早起き朝ごはん~朝ごはんにプラス1品
・共食(きょうしょく)をしよう~家族や友人・知人とプラス1回ともに食べよう~
・野菜を1日小鉢5つ分食べよう~野菜料理をプラス1皿
・自分に合った食べ方・選び方を知ろう~お惣菜をプラス1品
・三田の食材を食べよう~三田の野菜をプラス1

例えば・・・

コンビニやスーパーなどを利用している人は、バランスのよい食事のために惣菜を1品増やすことや、アレンジするなどの工夫をするといった行動が挙げられます。
 

市販の惣菜を上手に活用しましょう

新型コロナウィルス感染症の影響により在宅勤務が増えると、麺類や丼ものなどの主食ばかりに偏りがちになります。
そこで、市販の惣菜などを上手に活用することで、時短につながり手軽にプラス1できます。
市販品の缶詰、レトルト食品、冷凍食品をアレンジしたレシピを分かりやすく動画にまとめています。

カンタン!市販の惣菜を上手に活用レシピ集

バランスのよい食事とは

主食・主菜・副菜を揃うように選ぶとバランスがよくなります。
3つを揃えることを意識し、野菜などの副菜が足りていない場合には、プラス1から始めましょう。

            

一日に必要な野菜の量は、350gと言われています。
一日3食で350g=小鉢5皿分の野菜を食べましょう。
8月31日は、野菜の日です。「8(や)3(さ)1(い)の日」のゴロ合わせから来ています。
野菜の日にちなんで、普段自分が食べている野菜の量をチェックしてみましょう!
 

バランス食育教室のご案内

 15分でできる!1品で栄養満点ごはん~市販品を上手に活用しよう~
本教室では、市販品を上手に活用し、手軽にバランスよく食べる方法を学びます。
気になる生活習慣病予防の食事についても栄養士が解説します。
 

バランス食育教室のご案内
日程 申込締切日 定員
令和4年9月30日(金曜日) 9月16日(金曜日) 10名(※申込多数の場合は抽選)
令和4年11月25日(金曜日) 11月11日(金曜日) 10名(※申込多数の場合は抽選)

[時間] 10:30~11:30
[場所] 総合福祉保健センター 2階講座室
[対象] 20歳以上の市民
[内容] 講話、試食
[申込] 電話、WEB、ファックスのいずれかの方法で、希望日、氏名、生年月日、住所、電話番号をお知らせください。
[参加費] 無料

この記事に関するお問い合わせ先

共生社会部 健康共生室 健康増進課
〒669-1514 三田市川除675 総合福祉保健センター
電話番号:079-559-6155
ファクス番号:079-559-5705

メールフォームからのお問い合わせ