脳脊髄液減少症について

更新日:2022年03月31日

ページID: 2327

脳脊髄液減少症とは

交通事故やスポーツ外傷等の後に、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、起立性頭痛などの頭痛、頸部痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害などの様々な症状を引き起こす疾患とされ、一部の研究者から報告されています。

この疾患については、未だ統一的な診断や治療の基準が確立していないことから、現在、国において診断基準等を検討するための研究班が設置され、医学的な解明が進められているところです。

また、兵庫県では各健康福祉事務所において、この疾患についての相談と診療が可能な医療機関の紹介を行っています。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

共生社会部 健康共生室 健康増進課
〒669-1514 三田市川除675 総合福祉保健センター
電話番号:079-559-6155
ファクス番号:079-559-5705

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?