まちを舞台に活躍しよう!地域活躍人材育成プログラム「三田スモカモス・プロジェクト」

更新日:2023年06月17日

ページID: 15285

三田スモカモス・プロジェクトについて

スモカモスプロジェクトキャッチ画像

地域団体や市内企業が抱えるミッションを一緒に考える体験活動を通じて、自分や地域の可能性を考えるプログラムです。運営メンバーが伴走し、皆さんの成長をサポートします!

地域を舞台に活躍しませんか?ご参加お待ちしております!

※今年度の受講生の募集は締め切りました。

日時

ワークショップ1: 7月8日(土曜日)13:00-18:00@フラワータウン市民センター 和室
ワークショップ2: 8月10日(木曜日)10:30-17:30@郷の音ホール 会議室1&ワーキングブース 
活動体験: 8月21日から9月30日のうち最大5日間を予定
ワークショップ3: 10月14日(土曜日)13:00-18:00@コスモス食品 本社
中間発表会: 10月28日(土曜日)13:00-18:00@まちづくり協働センター
活動実践: 11月から令和6年2月の期間
成果発表会: 令和6年2月17日(土曜日)13:00-18:00@まちづくり協働センター

 

定員

20名程度(やる気のある方を募集します)

対象

・三田市内に在住・在学の若者(大学生、短期大学生、専門学校生の方など)
・期間中の全ての活動に参加可能な方
・自分のやりたいことを見つけたいと思っている方 
・三田市内の多様な方々と接点を持ちたい方

内容

7月8日(土曜日)のワークショップ1回目から全3回のワークショップおよび2月ごろに成果発表会を予定しております。まちづくり協働センター、郷の音ホールの会議室等で実施予定。

参加費

1000円(保険料相当額)

プログラム参加中の交通費、オンラインでの活動における通信費は別途、自己負担となります。

申し込み

今年度の申し込みは終了しました。

 

その他

手話通訳、要約筆記あり(活動体験時は活動体験先と要相談)

三田スモカモス・プロジェクトって?

名前の由来

”スモカモス・プロジェクト”は、より良い未来に向けて、地域や自分を醸成する「醸す(カモス)」と、そんないきいきと活躍できるまちに「住もうよ(スモ)」を併せた名称です。

市内にいる学生や若者が「三田に残る」「関わり続ける」、そして離れてもまた「戻ってくる」という選択肢を持つために

三田市では、20代の転出超過が続いています。その数、毎年1千人。進学や就職を機に三田を離れるという選択肢を持つことは現実として多く、決してそれが悪いわけでもありません。残念なのは、「地域の中で育まれた経験」を持たないまま、三田の魅力を知る前にふるさとを離れてしまうこと。

「三田っていいまちだな。ずっと三田と関わっていたい。ここでチャレンジしたい!」と思えるには、三田のまちにどれだけ愛着があるが、まちの中に心を通わせた人がいるかなど、まちでの経験によってきます。市内にいる学生や若者が「三田に残る」「関わり続ける」、そして離れてもまた「戻ってくる」という選択肢を持つために。

そんな背景から始まった、地域活躍人材育成プログラム「三田スモカモス・プロジェクト」。

三田をフィールドに「できること」を発見し、自身の「在り方・生き方」を深める。

スモカモス・プロジェクトは、

・企業が抱える課題をミッションとして課題解決に取り組む「活動体験」
・どんな自分でありたいか、どんな生き方をしたいかを考えるワークショップ

を通じて、地域や市内事業者とともに、学生が三田をフィールドに「できること」を発見し、自身の「在り方・生き方」を深めるきっかけを作ります。

ワークショップの様子活動体験の様子

2023年成果発表会

2023年ワークショップ

スモカモス・プロジェクトの活動を覗き見!

広報さんだ2022年5月号で「三田スモカモス・プロジェクト2021」を紹介してもらいました!

スモカモス1

スモカモス2

スモカモス3

上記PDFは、広報さんだ2022年5月号特集「スモカモス2021」(PDFファイル:1.3MB)からまとめてご覧いただけます。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 未来戦略室 若者のまちづくり課
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-555-6776
079-559-5041
ファクス番号:079-563-1366

メールフォームからのお問い合わせ