愛護動物の遺棄・虐待は犯罪です

更新日:2023年10月02日

ページID: 24634

犬や猫などの愛護動物を遺棄(捨てること)したり、虐待したりする行為は犯罪です

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。(2019年に動物愛護管理法が改正され、罰則が強化されました)

  • 愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→5年以下の懲役または500万円以下の罰金
  • 愛護動物に対し、みだりに身体に外傷を生ずるおそれのある暴行を加える、またはそのおそれのある行為をさせる、えさや水を与えずに酷使する等により衰弱させるなど虐待を行った者→1年以下の懲役または100万円以下の罰金
  • 愛護動物を遺棄した者→1年以下の懲役または100万円以下の罰金

動物を飼うときは、最後まで責任をもって飼いましょう!一生涯、愛情をもって飼い続けるのは飼い主の責任です。
また、犬又は猫の所有者は、動物がみだりに繁殖し、適正な飼養が困難となるおそれがある場合は、繁殖防止のために不妊去勢手術等の措置を講じなければならない旨、動物愛護管理法にて義務付けられています(動物愛護管理法第37条)。

動物の虐待とは

動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。

なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。

積極的(意図的)虐待

やってはいけない行為を行う、行わせる 

  •  殴る、蹴る、熱湯をかける、暴力を 加える、酷使すること など
  •  身体に外傷が生じる恐れのある行為 だけでなく、心理的抑圧、恐怖を与える行為も含む

ネグレクト

やらなければならない行為をやらない

  • 健康管理をしないで放置
  • 病気を放置
  • 世話をしないで放置 など
愛護動物とは
  1. 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
  2. その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

相談窓口

虐待や遺棄を見かけたら、最寄の警察署か兵庫県動物愛護センターにご相談ください。

また、兵庫県警察では、重要凶悪事件の前兆事案である動物虐待事案への的確な対応を図るべく、動物虐待事案等専用相談電話「アニマルポリス・ホットライン」を設置して、相談に応じています。
【アニマルポリス・ホットライン】
相談方法:電話
受付時間:平日9時から17時(夜間土日祝は受付なし)
電話番号:078-371-8974

この記事に関するお問い合わせ先

まちの再生部 ゼロカーボンシティ推進室 環境創造課
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5064
ファクス番号:079-563-3359

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?