燃やさないごみの抜き取り業者にご注意ください!

更新日:2022年03月31日

ページID: 12560

燃やさないごみの抜き取り行為について

白い袋を担いだひげの濃い帽子をかぶった泥棒のイラスト

 ごみステーションに出された燃やさないごみや、アルミ缶等を勝手に持ち去っているといった通報をいただくことがあります。

 市では、ごみステーションに出された時点で所有権放棄となり、誰の物でもない状態で、抜き取り業者が持ち去っても取り締まることが出来ません。アルミ缶等は、地域の再生資源集団回収に資源物として出すことにより、地域の活性化に繋がり、実施団体の所有物(財産)として扱うことができるので、犯罪として取り締まることができます。

 出される際には「資源物」であることを明示していただくと、より効果的な対策となります。地域の再生資源集団回収に出されるのが難しい場合には、市内スーパーなどに置いているリサイクル回収ボックスまたは、一部の地域で行っている行政回収(古紙のみ)をご利用ください。

また、抜き取り業者は必要な物だけを抜き取り、残ったごみを違うステーションに捨てる場合があります。この行為は不法投棄に当たりますので、見かけられた方は通報をお願いします。その際、直接取り押さえるのではなく、車両のナンバーや人相をメモし、ご連絡をお願いします

ゴミステーションに複数のゴミ袋が並んでいるイラスト
「アルミ缶回収車 〇〇回収業社」と書かれたトラックのイラスト

この記事に関するお問い合わせ先

まちの再生部 ゼロカーボンシティ推進室 クリーンセンター
〒669-1507 三田市香下1676
電話番号:079-563-5551
ファクス番号:079-563-6672

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?