年末調整・確定申告には「社会保険料控除証明書」が必要です

更新日:2022年04月11日

ページID: 11242

国民年金保険料は、納付した全額が所得税・市民税等の社会保険料控除の対象となります。

年末調整や確定申告で、国民年金保険料について社会保険料控除の適用を受けるには、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」または領収書が必要です。

一年間に納付した国民年金保険料の額を証明する「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」は、日本年金機構から11月上旬(10月1日から12月31日までの間に本年初めて保険料を納付した方は翌年2月上旬)に送付されます。

なお、被保険者本人だけでなく、ご家族の国民年金保険料を納付した場合も、全額控除対象となります。

その際、ご家族分の証明書等も申告する方の申告書に添付する必要があります。

証明書に関するお問い合わせ

ねんきん加入者ダイヤル(ナビダイヤル)0570-003-004

(050から始まる電話でおかけになる場合は03-6630-2525)

(注意)ナビダイヤルは一般の固定電話の場合、市内通話料金でご利用いただけます。

ただし、携帯電話等の場合は通常の通話料金となります。

市役所では発行できませんのでご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

地域共創部 市民協働室 市民課 証明登録係(国民年金)
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5067
ファックス番号:079-560-2101

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?