60歳以上の国民年金任意加入について

更新日:2022年04月11日

ページID: 11241

老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしていない方や、受け取る年金額を増やしたい方は、60歳誕生日前日から65歳になるまでの間、申し込まれた月から国民年金に加入することができます。(さかのぼって加入し、保険料を納付することはできません。)

手続きに必要なもの

  1. 年金番号がわかる書類(年金手帳や国民年金保険料納付書など)
  2. 金融機関届出印
  3. 通帳

手続き先

  • 市民課

注意点

  • 「20歳から60歳まで(480月)国民年金を納付された方」や「厚生年金加入中の方」、「老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方」は加入できません。
  • 任意加入に免除制度はありません。
  • 納付方法は原則「口座振替」となります。
  • 手続きが可能になるのは、60歳誕生日前日以降からとなります。
  • 任意加入は申し込まれた月からの加入となります。
  • 保険料は納付期限までにかならず納付してください。滞納すると、任意加入資格を失う場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

地域共創部 市民協働室 市民課 証明登録係(国民年金)
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5067
ファックス番号:079-560-2101

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?