高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)の定期予防接種について

更新日:2024年03月30日

ページID: 12174

肺炎球菌が原因で引き起こされる病気(肺炎・気管支炎・中耳炎など)にかかることを防いだり、もしかかっても重症にならないようにする事を目的に、国の定める対象者について、肺炎球菌ワクチン(23価莢膜ポリサッカライドワクチン【ニューモバックスNP】)の定期予防接種を実施しています。

この予防接種を受けることは義務ではなく、本人が希望した場合に定期接種として行うことができます。

対象者

三田市に住民登録があり、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)を接種したことがない、下記の1.2.のいずれかに該当する人

  1. 65歳の人
  2. 60歳~65歳未満であって、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有する人(これらの疾患で身体障害者手帳1級をお持ちの人及び1級相当の人)
  • (注意)定期予防接種の年齢の考え方は民法第143条を準用するため誕生日の前日に年齢が加算されます。

1.に該当する人

65歳の人には誕生月の翌月に予診票兼接種券を個別送付します。

予診票兼接種券が届く前に接種を希望される場合は健康増進課までご連絡ください。

  • (注意)この制度では、今までにこのワクチンを接種したことがない人を対象に1人1回、定期接種の機会を設けています。

2.に該当する人

  • (注意)事前に健康増進課までご連絡ください。

接種期間

65歳の誕生日の前日から66歳の誕生日の前日まで

(注意)対象者の2.に該当する人は、60歳になる前日から接種が可能です

(注意)定期接種を希望される場合は、必ずこの期間内に受けてください。

接種回数

1回

(注意)ただし、過去に1回以上23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックスNP)を接種した人は対象外

接種費用(自己負担金)・持ち物

  1. 自己負担金4000円
    (注意)生活保護世帯の人は生活保護受給証明書を医療機関窓口へ提出すると無料です。
  2. 高齢者肺炎球菌ワクチン(23価)予診票兼接種券
  3. 年齢や住所が確認できるもの(マイナンバーカード、運転免許証、介護保険被保険者証など)
  4. 対象者の2.に該当する人は、身体障害者1級の手帳または該当することを証明する検査データ等の写しを持参してください。

実施場所

三田市内の実施医療機関

実施医療機関以外での接種は、原則全額自己負担(任意接種)になります。

やむを得ず市外の医療機関等で「高齢者肺炎球菌定期予防接種」を希望する場合は、接種を希望する医療機関に確認を行った上で「予防接種依頼書」の発行手続きが必要です。「予防接種依頼書」を持参せず接種を受けた場合には、任意接種となるため、健康被害救済制度の申請はできません。必ず事前に健康増進課(電話番号079-559-6155)までお問い合わせください。

注意事項

  • 接種の際は、添付の説明書をよく読み、必要性や副反応について理解してから接種しましょう。わからないことや気になることは、接種の前にかかりつけ医または健康増進課までお問い合わせください。
  • 定期接種化に伴う経過措置、および新型コロナウイルスに伴う定期予防接種の期限延長は令和6年3月31日をもって終了しています。上記対象者以外で接種を希望される場合は任意接種となりますので、直接医療機関にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康増進課
〒669-1514 三田市川除675 総合福祉保健センター
電話番号:079-559-6155
ファクス番号:079-559-5705

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?