成年後見制度について

更新日:2022年03月31日

ページID: 11948

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が十分でなくなった人が、医療や介護サービスの契約や、不動産や預貯金などの管理などで、本人に不利益な結果を招かないよう支援する制度です。
また、成年後見制度には、すでに判断能力が低下している場合に利用する「法定後見制度」(本人の判断能力によって後見・保佐・補助の3つの類型があります。)と判断能力があるうちに将来に備えて契約を結んでおく「任意後見制度」の2つの仕組みがあります。

詳しい内容については、下記のリンクを参照ください。

三田市では三田市総合福祉保健センターに三田市権利擁護・成年後見支援センターを設置し、成年後見制度の手続きの支援や普及啓発活動等を行っています。
また、高齢者については、地域包括支援センター及び高齢者支援センター、障がいのある方については、障害者生活支援センターにおいて、制度説明や制度利用に関する相談・紹介を行っています。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

共生社会部 福祉共生室 暮らしの安心課
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5074
ファックス番号:079-562-1294

メールフォームからのお問い合わせ
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?