• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 随意契約 > 平成28年度 (随意契約) > 平成28年度随意契約(経営管理部財務室税務課)

ここから本文です。

平成28年度随意契約(経営管理部財務室税務課)

 

随意契約結果表

担当課名

税務課

案件名 

平成28年度「三田市固定資産管理システム構築業務」

案件の概要

固定資産税の課税客体(土地・家屋)を正確かつ効率的に把握するために地番参考図、家屋図、路線価図、航空写真の課税資料を作成、データ化し、課税台帳とあわせてマッピングシステム(GIS)により一つにまとめ構築する。

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成28年4月1日

契約の相手方

アジア航測株式会社

契約金額 

24,235,200円 (うち消費税相当額 1,795,200円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成29年3月31日まで

随意契約とした理由 

「三田市固定資産管理システム」は、平成8年度に導入し、平成24年度に更新したマッピングシステム(GIS)で、三田市における固定資産税の課税客体(土地・家屋)の現状を正確かつ効率的に把握するために、必要な課税資料を作成し、容易に活用できることを目的としてシステム構築したものであり、当該業務の連続性、関連性、整合性、合理性の観点から、契約の相手方としてはシステム更新業務請負業者であるアジア航測株式会社一社のみしかありません。

平成28年度は平成30年度評価替えに向けた第2年度にあたり、以下の業務内容を実施することになっています。
・ 土地、家屋の異動判読調査
・ 地番参考図、家屋図、路線価の図形と属性のマッチング業務及び保守管理
・ 評価替えにかかる路線価および評価見直し
・ 路線価図(窓口公開用)の作成
・ 取得、作成したデータのセットアップ(オンライン連携、窓口用システム含む)

これらの業務は、単にデータを作成しセットアップするだけではなく、これまで構築してきたシステム及びデータと連携・合致させることが不可欠です。
さらに、28年度は評価替えに向けて市内全域の路線価を見直す業務があり、業務量を勘案すると年度当初からとりかかる必要があり、4月に業者と契約しなければなりません。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

経営管理部歳入推進室税務課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5054

ファクス番号:079-563-5697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?