• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 税金 > 軽自動車税 > 障害のある方のために使用する場合の軽自動車税(種別割)の減免について

ここから本文です。

障害のある方のために使用する場合の軽自動車税(種別割)の減免について

減免手続きは可能な限り郵送で申請してください

 令和3年4月1日から、減免申請の際の添付資料の削減と障害者手帳等の税務課窓口での確認方法を見直し、より簡易に郵送申請ができるよう変更しました。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、減免申請手続きについては、可能な限り来庁をお控えいただき郵送で申請されますようお願いします。

減免対象

減免の対象となるのは、身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれかを交付されている方、もしくは手帳を交付されている方の通院、通学、事業などのために専ら使用する軽自動車等です。手帳の交付を受けている(障害の認定を受けている)間、申請いただくと軽自動車税(種別割)が全額減免されます。なお、賦課期日(4月1日)を越えて障害者手帳等の交付を受けた場合は、翌年度以降からの減免となりますのでご了承ください。

普通自動車から軽自動車に乗り換えた場合、自動車税(種別割)の減免の抹消手続きが完了してからでないと、軽自動車税(種別割)の減免申請は受付ができません。
自動車税(種別割)の減免については、伊丹県税事務所自動車税課(外部サイトへリンク)にお問い合わせください。

減免台数について

減免が受けられるのは、障害のある方1名につき軽自動車等1台に限ります。

減免申請に必要な書類

納税義務者と障害のある方が同居されている場合

  1. 軽自動車税(種別割)減免申請書
  2. 運転者の運転免許証 (写し)

納税義務者と障害のある方の住所が異なる場合

  1. 軽自動車税(種別割)減免申請書
  2. 運転者の運転免許証 (写し)
  3. 扶養関係確認書類 (納税義務者が障害のある方を扶養していることを確認できる書類)
納税義務者および障害者の年齢 扶養関係確認書類
75歳未満 健康保険証の写し(納税義務者および障害者本人のもの)
75歳以上 承諾書および税関係書類 (源泉徴収票・確定申告書・市民税申告書等) の写し

               ※ 民生委員発行の「状況確認書・意見書」でも納税義務者が障害のある方を扶養していることを確認します。

申請書等ダウンロード

送り先

〒669-1595
三田市三輪2丁目1番1号 三田市役所 税務課 税務管理係 宛

申請期限

納期限(5月31日、休日の場合は翌営業日)の7日前まで
*郵送の場合は必着となります。

減免決定通知書について

減免が決定した場合は、軽自動車税(種別割)減免決定通知書および、身体障害者手帳等に貼り付けるためのシールを返信用封筒にて返送します。証明のため、シールは障害者手帳に貼り付けてください。

なお、扶養関係確認書類については減免決定通知書の送付時にご返却いたします。

注意事項

  1. 減免申請に対する可否決定は、申請を受け付けた時点ではなく申請年度の4月1日時点の車両・障害者手帳等・運転免許証等の状況で判断いたします。
  2. 申請書を郵送後に、手帳・車両・車両所有者・運転者等に変更があった場合や、普通車で減免を受けることになった場合には、減免取消の申請が必要となりますので、必ず税務課税務管理係(079-559-5052)までご連絡ください。
  3. 減免申請は毎年必要です。自動では継続になりませんのでご注意ください。なお、昨年度申請している方には翌年度の申請のために申請書を毎年1月~3月にお送りしていますので必ずご回答ください。
  4. 申請書類に不備があった場合、こちらから再提出の連絡をする場合がありますので、ご了承ください。また、再提出をご依頼した場合において、期限までに再提出がない場合には減免の対象とはなりませんのでご了承ください。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営管理部歳入推進室税務課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5052

ファクス番号:079-563-5697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?