• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > 消防からの注意喚起 > 市街地大火を防止する取り組み

ここから本文です。

市街地大火を防止する取り組み

飲食店の「消火器具設置基準」が改正されました

平成28年12月に発生した新潟県糸魚川の大規模市街地火災を教訓に消防法令が一部改正され、本年10月1日から火を使用する設備または器具(防火上有効な措置が講じられたものを除く。)を設置する全ての飲食店に消火器具の設置が必要となります。(従来は一般的な飲食店で床面積150平方メートルから消火器具の設置義務がありました。)

上記の一部改正を受けて三田市では、飲食店をはじめ、市内密集地に存する全ての建物(専用住宅を除く)について、「防火対象物使用開始届」(建物使用開始前に消防署に届け出る義務があります。)が届出されているか確認し、消防法令に定める消防用設備(消火器など)が適法に設置されているか確かめています。

「防火対象物使用開始届」を届出されていない三田市内の事業主さまで、届出方法がわからない場合は、三田市消防本部予防課までご相談ください。

ご相談窓口

三田市下深田396番地三田市消防本部庁舎2階事務所予防課窓口(直通079-564-7307 FAX 079-563-1230)
持参物=印鑑、建物図面、面積のわかる資料等があればお持ちください。
平日の9時から17時30分の間にお問い合わせください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部予防課 

住所:〒669-1543 三田市下深田396

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?