• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 平成30年秋の全国火災予防運動の実施について

ここから本文です。

平成30年秋の全国火災予防運動の実施について

平成30年秋の全国火災予防運動

火災予防運動の目的は?

 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を

防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。

実施期間について

平成30年11月9日金曜日から11月15日木曜日までの7日間

 火災予防標語

「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント 

これから冬にかけて空気が乾燥し、火災が発生しやすい気象条件になります。暖房器具等の火気を使う機会も多くなってきますので、家族一人ひとりの「慣れ」や「油断」から、火災を起こさぬよう防火の重要性を十分に自覚し、次に挙げる「いのちを守る7つのポイント」を参考に普段の生活の中で火災予防を実践していくことが大切です。

3つの習慣

1、寝たばこは、絶対やめる。

2、ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

3、ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

1、逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

2、寝具、衣類及びカーテンから火災を防ぐために、防炎品を使用する。

3、火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

4、お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

住宅用火災警報器について

平成23年6月1日から住宅用火災警報器の設置が義務化されています。しかし、三田市におきましては、いまだ2割近くの世帯の方が設置されていない状況となっています。火災における死傷者の約6割は就寝中に発生しています。火災の早期発見に住宅用火災警報器はとても有効です。奏功事例では、台所での発報が約5割、居室が約4割です。三田市では台所への設置は努力義務ですが、台所にも警報器を設置しましょう。

住宅用火災警報器の交換の目安は10年です。半年に1回は掃除機等でホコリを取り、定期的に点検しましょう。また、設置時期の確認をお願いします。火災警報器を設置した時に記入した「設置年月」、または本体に記載されている「製造年」を確認してください。

新しい火災警報器に交換したら

まもなく設置から10年経過する火災警報器が増えてきます。新しい火災警報器に交換したら、本体の側面などに、油性ペンで「設置年月」を記入しましょう。また、作動を確認し、音を聞いてみるのも忘れないでください。

設置時の注意点

1、火災警報器の種類によって、細かい注意点が異なります。製品に付属している取扱い説明書を必ずご覧ください。

2、お手入れや作動確認は、高所での作業となり、転倒や落下などの危険があります。安定した足場を確保して、作業を行ってください。

3、取り替えた火災警報器を捨てる際は、本体、バッテリー共に不燃ごみとして廃棄してください。

 

 

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部予防課 

住所:〒669-1543 三田市下深田396

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?