• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「住宅用火災警報器設置状況調査」「令和2年度危険物安全週間」令和2年5月28日放送

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「住宅用火災警報器設置状況調査」「令和2年度危険物安全週間」令和2年5月28日放送

 

消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」
毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴き下さい。
こちら三田市消防本部

(外部サイトへリンク)

 放送内容

   5月の放送は、「住宅用火災警報器設置状況調査」、「令和2年度危険物安全週間」についてお話をさせていただきました。

 住宅用火災警報器設置状況調査

住宅用火災警報器は、住宅火災で亡くなった方の多くが火災の発生に気付くのが遅れ、逃げ遅れによるものと考えられることから、すべての住宅について住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。設置から10年以上が経ち、取替の時期を迎えることもあり、各ご家庭に設置されている住宅用火災警報器の設置の状況について調査さていただきます。

調査は、6月上旬に、市内全域から無作為に抽出させていただいたデータを基に、各ご家庭に訪問し、調査します。調査する内容は、住宅用火災警報器が設置されているか、設置されている場合はどの部屋に設置しているかまた電池の確認等で作動確認をしているか等を聞かせていただきます。

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、各ご家庭のインターホン越しでの実施を予定しています。訪問の際にはご協力をお願いします。

令和2年度危険物安全週間

昭和30年代では、気温が高くなるとセルロイド等の危険物が自然に発火することがよくありました。この様な背景から、6月の第2週を危険物安全週間として全国的に定められています。 危険物安全週間中には、危険物事業所への立ち入り検査やポスターの配布、立て看板や横断幕などで予防啓発を実施します。

危険物は、身近なところにも多く存在しており、その取扱いを誤ると火災等を引き起こすおそれがあります。取扱いの際には注意書等をご確認のうえ、安全にご使用ください。

消毒用アルコールの安全な取り扱いについて

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部予防課

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?