• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「令和元年度危険物安全週間、トライやるウィークについて」令和元年5月23日放送

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「令和元年度危険物安全週間、トライやるウィークについて」令和元年5月23日放送

 

消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」
毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴き下さい。


(外部サイトへリンク)

放送内容

5月の放送は、「令和元年度危険物安全週間・トライやるウィークについて」のお話をさせていただきました。

危険物安全週間について

   昭和30年代では、気温が高くなるとセルロイド類危険物が自然に発火することがよくありました。それを少しでも防ぐため夏を目前にした6月20日を危険物安全の日と東京都が制定したのが始まりです。これが全国的に広がり、国が平成2年に危険物安全週間を定め一斉に啓発活動を行うようになりました。 

実施日時

 令和元年6月2日(日曜日)から6月8日(土曜日)までの1週間

 期間中の取り組み

危険物事業所への立ち入り検査や、ポスターの配布、立て看板や横断幕などで予防啓発を実施しました。さらに危険物安全週間に先立ち、5月31日にはテクノパークの工場に協力していただき、危険物対応の消防訓練を行いました。今年は、テクノパークの日立物流関西第二メディカル物流センターで実施し、日立物流関西第二メディカル物流センターの従業員約50名、三田市消防本部から消防隊4隊、三田市消防団1隊、神戸市消防局北消防署北神分署から1隊が訓練出動しました。事業所の従業員による初動訓練、消防隊や消防団車両による放水訓練などが実施され、事業所の防災意識の向上と有事の際の対応能力、関係機関との連携強化を目的に実施しました。

トライやるウィークについて

毎年5月下旬から6月上旬にかけて三田市内でトライやるウィークが行われ、今年も市内中学校の生徒が三田市消防本部で職業体験を行いました。

日程

1週目令和元年5月27日(月曜日)~令和元年5月31日(金曜日)

2週目令和元年6月3日(月曜日)~令和元年6月7日(金曜日)

参加中学校

三田市立けやき台中学校(男性1名)

三田市立狭間中学校(男性5名)

三田市立ゆりのき台中学校(男性2名)

三田市立富士中学校(男性2名)

三田市立八景中学校(男性2名)

今回は市内5つの中学校から12名の生徒が消防本部で職業体験を行いました。消防という仕事は、体力が必要不可欠であり、体験中においてもしんどく、辛い訓練もありましたが、仲間と助け合い乗り越えることができたと思います。今回の経験を日々の学校生活に活かしていただきたいと思います。

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部予防課

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?