• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「平成31年消防大会について」平成31年3月28日

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「平成31年消防大会について」平成31年3月28日

消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」
毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴き下さい。

放送内容

3月の放送は、「平成31年消防大会について」のお話をさせていただきました。

平成31年消防大会について

消防大会を4月7日(日曜日)三田市総合文化センター郷の音ホールで9時30分~12時00分まで開催します。どなたでも無料で体験・ご覧になれます。平成31年消防大会は2部構成となっており、1部は郷の音ホール大ホールで式典を行います。
2部は郷の音ホール駐車場で行い、富士中学校吹奏楽部演奏による車両行進から始まり、神戸親和女子大学附属親和幼稚園の園児による「幼年消防クラブ演技」本庄地区小学生消防隊による「ちびっこ消防隊訓練」。そして消防団員による「はしご演技」や「一斉放水」三田市消防救助隊・兵庫県消防防災航空隊による「救助訓練」が行われます。
イベントブースでは、水消火器訓練の防火啓発ブース・胸骨圧迫やAEDの使い方を講習できる救急ブース。消防車両と写真が撮れるインスタ生え間違いなしの車両展示ブースなどがあります。またお子様が楽しめる「ちびっこレスキュー」や「エアートランポリン」さらに、三田市観光協会様にお世話になり三田産品目を使用した出店など、ご家族で楽しめるブースにしておりますので、ご家族みなさんで、ご来場ください。
今回のみどころは昨年12月に導入された35m級はしご車です。このはしご車は三田市に工場のある株式会社モリタで製造されました。主な特徴は先端屈折と言ってはしごの先端が屈折(折れ曲がる)することにより、建物やバルコニーに簡単に近づくことができ、救出しやすいようになりました。そのはしご車が2部の車両行進や救助訓練に参加いたしますので、是非はしご車の雄姿をご覧ください。
雨が降った際、消防大会は郷の音ホールの大ホールにて行われます。2部アトラクションの構成も親和幼稚園児による「幼年消防クラブ演技」と「消防団のはしご演技」のみとなります。なおイベントブースの開催は中止となります。
雨天中止の情報は当日、三田市のホームページの消防大会のページにて掲載しますので、雨が降った際は、ご確認の上ご来場ください。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部予防課

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?