• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「G.W中の救急事案・住宅用火災警報器設置調査」平成29年4月27日放送

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「G.W中の救急事案・住宅用火災警報器設置調査」平成29年4月27日放送

消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」

毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴き下さい。

 

放送内容

4月の放送は、「G.W中の救急事案・住宅用火災警報器設置調査のお話をさせていただきました。

 4月中旬から5月末にかけて市内全域を対象とした訪問調査を実施します。コンピューターがランダムに選択した家へ消防職員が訪問し、住宅用火災警報器の設置状況についてお尋ねしますので、ご協力お願いします。 

住宅用火災警報器の維持管理について

 新築住宅については平成18年から、新築住宅以外についても平成23年6月1日から住宅用火災警報器の設置が義務化されています。
 しかし、三田市におきましては、いまだ2割近くの世帯の方が設置されていない状況となっています。火災における死傷者の約6割は就寝中に発生しています。
 火災早期発見に住宅用火災警報器はとても有効です。奏功事例では、台所での発報が約5割、居室が約4割です。三田市では台所への設置は努力義務ですが、台所にも警報器を設置しましょう。
警報器の設置が義務化された平成18年から10年経過し、電池寿命が到来してきます。年に1回はホコリをお掃除するとともに点検していただきますようお願いいたします。


7つのポイント
総務省消防庁 住宅防火関係のページへリンク(外部サイトへリンク)

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?