• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > さんだ 学び・子育て情報局(ラジオ番組) > さんだ 学び・子育て情報局「できることを!できるときに!できるところから始めてみませんか?学校支援ボランティア」令和2年2月3日放送分

ここから本文です。

さんだ 学び・子育て情報局「できることを!できるときに!できるところから始めてみませんか?学校支援ボランティア」令和2年2月3日放送分

 

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に市職員が出演し、子育てに関する情報や、「学びの都三田」に関する教育、生涯学習の話題などについてわかりやすくお伝えする広報番組「さんだ 学び・子育て情報局」。毎月第1・3月曜日の12時~12時10分に放送していますので、ぜひお聴きください。

  (外部サイトへリンク)

放送内容

さんだ学校支援ボランティアについて

さんだ学校支援ボランティアは、現在384名の方に登録いただいています。
登録者数は年々増加しており、ボランティアの輪が広がっているのを実感しています。
活動は様々な分野に渡っており、例えば、見守りボランティアや、オープンスクール等学校行事の受付、1年生の給食指導補助など、手助けいただきやすいものから、ミシン・器楽指導補助やお花、野菜の講話など、特技を活かした専門性の高いものもあります。
地域の子どもと大人がお互いを知る機会となり、学校と家庭・地域の信頼関係を深めることにつながっています。

 地域コーディネーターについて(高平小学校 学校支援ボランティアコーディネーターの竹田さん)

高平小学校は、全校生徒が106名の学校で、「人とつながり より良い自己をめざす児童の育成」を目標に掲げ、「ふるさと高平」の人々と豊かな自然に抱かれながら育まれていく子をめざした開かれた学校づくりに熱心に取り組んでおられます。
私が考える「地域コーディネーター」は、学校の思いとボランティア活動を行う地域の方の思いを繋ぐ人だと思っています。
高平小学校では、以前から地域の方や団体、保護者の皆さんがボランティア活動を行っていました。地域コーディネーターという人が、その方々と学校の間に入ることによって、実際に、どの学年に、どのような方がボランティアに入っていただけているのか、また、学校はどのような手助けを希望しているのか、ボランティア側は、どのような思いがあるのかを、整理できたのではないかなと思います。また、ボランティア登録することで、活動に対しての保険がかけられることも、とても大切なことでした。 

高平小学校の活動

現在、高平小学校での学校支援ボランティアの活動は、図書ボランティアによる読み聞かせ、給食ボランティアによる1年生補助、お花ボランティアによる季節を感じる生け花、サツマイモの苗植えや田植えの補助、ナナマツの森などへの引率・活動補助、行事や活動の記録をとる写真ボランティア、クラブ活動補助、託児や防災学習などがあります。
1月17日に行われた防災訓練では、4年生の防災かるたの指導について依頼があり、学校支援ボランティアさんは4年生の「防災カルタ」の担当をしました。昨年度から始まったのですが、高平小学校オリジナルの「防災カルタ」を先生と一緒に作成しました。

ボランティアによる学校や地域の変化

一番思う事は、学校の中に地域の方の存在を感じることです。例えば、お花のボランティアさんは定期的にお花の手入れに学校を訪れておられます。お花の種類が変わり、お花の入れ物も変わります。横に置いてあるお花の名前や説明も変わります。また、記録写真ボランティアの方は、行事ごとにその写真をポートレートにまとめて学校に持参くださいますので、いろんな行事の写真が増えていきます。学校以外の人が、学校に変化をもたらすことは、とても素晴らしいことだと思っています。そして、お花のボランティアを知った方が、ご自宅に咲いたお花を提供くださることもあります。井上さんも、お花をくださるお一人です。「活動まではできないけど、お花をお渡しするくらいなら・・・」という方もいらっしゃいます。いろんな方が、いろんな形で関わりを始めてくださっていることも感じます。それ以外にも、ボランティアさん同士が「久しぶりやなぁ、元気やった?」と再会を喜ぶ姿や「はじめまして」とあいさつされている姿もよいものです。

先生方も、お手伝いをお願いしてもいいんだな、地域の方に来ていただくと楽しいな、面白いなと感じてくださっていると思います。ボランティアさんの意見や感想から、パワーアップした活動もあります。このように、先生方が柔軟に考え取り入れてくださり、一緒に活動してくださることは、ボランティアさんの励みにもなっています。

また、地域に出向いて活動することが多いので、ボランティアさんの活動を広く地域の皆様に少しづずではありますが知ってもらえています。また、大人同士があちこちで「ありがとうございます」「お世話になります」「こちらこそ」など、会話する姿をたくさんの子どもたちが見ることになり、自分たちが多くの人にお世話になっているんだなぁと、実感できる良い機会だと思っています。

今後に向けて

(井上さん)※学校支援ボランティア登録者
高平がとっても好きなので、地域の子ども達のためになるならと思い参加しています。子ども達の成長を見れて続けてきてよかったと感じます。こういった活動をもっと同世代の方と一緒にできたらとうれしく思います。

(竹田さん)
まずは今ある活動を大切に、子ども・ボランティア・先生方の笑顔がこれからもたくさん増えるように活動していきたいと思います。
また、市内の小中学校区には、地域コーディネーターとしてそれぞれに活躍されていますので、うちの地域コーディネーターはどの方かな?と、たくさんの皆さんに興味を持っていただきたいと思います。

(三田市)
学校支援ボランティアの活動は、「できる人が、できる時に、できることを、無理なく、楽しく」をモットーに、地域の未来を担う人材を育て、未来のまちづくりにつながっていく活動です。また、ボランティアの方々が培ってきた知識や技術、経験を発揮する場になるとともに活動を通して自らの生きがいや、人と人とのつながりを築いていく、大きな可能性を秘めている活動です。
ボランティア登録に関心がある方は、三田市役所健やか育成課までぜひお問い合わせください。皆さまのお申し込みをお待ちしております。 

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室健やか育成課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?