• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 協働のまちづくり > こうみん未来塾 > 【開催見合わせ】こうみん未来塾特別編 新宮晋「元気のぼり」プロジェクト ~元気のメッセージを風にのせて~

ここから本文です。

【開催見合わせ】こうみん未来塾特別編 新宮晋「元気のぼり」プロジェクト ~元気のメッセージを風にのせて~

こうみん未来塾特別編 新宮晋「元気のぼり」プロジェクトについて

 ≪こうみん未来塾事務局からお知らせ≫

当プロジェクトにたくさんのご応募ありがとうございました。

応募多数につき抽選の運びとなり、先日、結果をご案内したばかりですが、

兵庫県に発出されておりました緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、

イベント開催を見合わせることとなりました。

楽しみにされていた皆さま、大変申し訳ございません。

皆さまと元気に集える日を楽しみに、どうぞ健やかにお過ごしください。

 

 【総応募数 52クループ】

※うち当選 20グループ

 

 

応募者の内訳

 

小学生 76人
保護者 98人
その他 46人
合計 174人

 

 

 

 

小学生の学年別応募状況

小学1年生 23人
小学2年生 13人
小学3年生 5人
小学4年生 14人
小学5年生 12人
小学6年生 6人
合計 76人

 

 応募に当たり、皆さまから参加への熱いメッセージをたくさんいただきました。

一部をご紹介します。

  • 青空の下で家族みんなでのびのびとひとつのものを完成させたいなと思い申し込みました。大人も一緒に楽しみたいです
  • すごく大きな物に思いっきり絵を描いて、さらにそれが空を泳いでる所を見られるなんてなかなかできないこと。絵を描くのか好き、色ぬりも大好き!な発想力のある子なので、どんな作品を作ってくれるか楽しみです!子供にとってもいい経験だし、自分がしたことで人を楽しませることができることを体験してほしいと思います。
  • 天まで届かせたいです。
  • 自分達の思いが形になるだけではなく、みんなの思いと一緒に天高く舞い上がる様子を見たら、大人も子どもも感動すると思います。是非参加させて頂きたいです。
  • コロナ禍でなかなか子供達に楽しく過ごせるような時間を提案するのがむずかしく、その中で今回のプロジェクトの開催を知りました。我が子もですが、被災地の子供も全国の子供達や親御さん達皆が同じような窮屈さを感じているのではないかと思います。皆で元気になれるプロジェクトに是非参加させていただきたく、申込をさせていただきました。
  • 世界中の人たちが少しでも元気になれますように
  • 新宮さんのアートに前からとても関心がありました。今回直々に創作活動を教えていただけるとのとこで、絵を描くのが大好きな兄弟と母親の3人で、自由な作品作りにチャレンジしたいと思います。新宮さんのご指導、実際にお会いして受ける刺激を未来の宝物にしたいと思います。
  • コロナ禍で大変な中、企画してくださりありがとうございます。
    元気いっぱいに青空を泳ぐ鯉のぼりのように子供たちがすくすく成長し青空のように果てしなく広い世界に生き生きと身を委ね過ごしてほしいと思います。早くコロナが終息することを願って…。
  • 入学式、卒業式の簡素化、修学旅行や様々な行事が見送られ、子供達は、ガックリ肩を落とし何に対しても諦め傾向でいます。コロナ禍でも少しでも前向きに、元気になる事が出来ないかと考えておりましたところ、このプロジェクトを見つけました。子供達3人も主旨を理解した上で、是非参加したいとの事でしたので応募しました。宜しくお願いします。
  • コロナ禍の中、1年間以上自粛し、子供達は、家と学校の往復の生活です。マスク生活を強いられ子供達は、楽しみがないまま過ごしています。その中で、元気プロジェクトを知り、外で服の汚れも気にせず、思いっきり絵を描いて欲しいと思い参加を希望しました。
  • 子供たちの元気(ありあまっています笑)はいろんな思いを抱えていらっしゃる方を元気にすると思います。そんな新宮さんの活動に参加できる機会があるのは素晴らしいことだと思います。一緒にいる祖父母には、いつもお世話になっていますが今度は子供たちが祖父母を元気にできればと思い、このイベント参加を希望致します。

 

 (以上、令和3年5月10日追記)

 

新宮晋さん

講師:新宮晋さんからのメッセージ☆☆

元気のぼりは、2011年東北大震災が起きた時、少しでも被災地の人たちに元気を届けたいという強い思いで立ち上げたプロジェクトです。以来各地で開催し続けており、私の意図に共感した方たちがドイツやアラスカの子どもたちが描いたのぼりを送って下さり、今や大きな環となって世界に広がっています。
あなたの描き上げた元気のぼりは、風をはらみ、はためき、あなたのメッセージを多くの人々に伝えることでしょう。ぜひご参加してください。

 

 【詳細】

講師:さんだ夢大使 新宮晋(しんぐうすすむ)さん

※風や水などの自然エネルギーで動く彫刻を各国で作り続けている世界的に有名な造形作家。三田市には、市役所前広場の 「星の対話」新三田駅前の「大地の詩」青野ダムサイド公園の「水の木」など沢山の作品があり、有馬富士公園 休養ゾーンの「新宮 晋 風の ミュージアム」では12点の彫刻が風に舞っています。

対象:市内の小学生とその家族や友達グループ (2~8人まで)

※大人の方も一緒に制作活動にご参加ください。

 

日時:5月15日(土曜日)午前9時~午後3時

9時00分~ 9時30分  開会・説明

9時30分~11時30分  表面制作

11時30分~12時30分  お昼休憩

12時30分~14時00分  裏面制作

14時00分~元気のぼりを掲揚します!

15時00分  終了予定

 

場所:有馬富士公園 休養ゾーン大芝生広場(下段に地図あり)

※雨天決行。雨天時は室内で行います。詳しくは、参加が決定したグループ代表の方にお知らせします。

 

定員:20組(多数の場合抽選)

※抽選の結果は、申込者全員にメールで通知します。

 

持ち物:昼食、飲み物、汚れても良い服装

〈主催〉地球アトリエ実行委員会、三田市、三田市教育委員会
〈後援〉兵庫県
〈協力〉有馬富士公園管理事務所
〈協賛〉株式会社さくらクレパス

【注意事項】

※緊急事態宣言発出、気象警報発表の場合は中止。
※このプロジェクトは、市の広報用に動画や写真を掲載することを了承の上、ご参加ください。

※制作した元気のぼりは、新宮アトリエで保管し、今後の元気のぼりプロジェクトで活用します。

 

 参加者募集チラシ表面(PNG:1,681KB)

参加者募集チラシ裏面(PNG:1,888KB)

 

「元気のぼり」プロジェクトの過去の様子

 元気のぼり1元気のぼり2

 

元気のぼり3元気のぼり掲揚

アクセス:有馬富士共生センター

 共生センター地図

 

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止対策 について

 ◎「元気のぼり」の制作は、密にならないように1グループ1本にします。
※絵具や筆などもグループごとに分けて、使っていただきます。
◎会場内では必ずマスクの着用をしてください。
◎会場には、手指消毒用のアルコールを設置しています。
◎会場では検温を実施します(37.5℃以上の方は参加できません)。

 

申込方法

 下の二次元コードを読み取って申込フォームへ

 元気のぼり二次元コード

または、下記URLより申込フォームへ

https://logoform.jp/form/hyogo-sanda/11999

 

 関連情報

 こうみん未来塾

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

子ども・未来部子ども未来室健やか育成課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5046

ファクス番号:079-563-3611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?