冬の星空観察について

更新日:2022年04月20日

ページID: 4779

環境省では、環境保全の重要性について関心を深めていただく良い機会として、平成30年度から夏と冬の2回、肉眼による観察とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を呼びかけています。

観察方法

  1. 肉眼による観察
    • ア 天の川の観察
    • イ GLOBE AT NIGHTへの参加によるはくちょう座周辺の星の観察
  2. デジタルカメラによる夜空の明るさ調査
    • ア 継続観察登録地点の調査
    • イ 継続観察登録地点以外の調査

観察期間

  1. 肉眼による観察
    •  令和4年1月24日(月曜日)~令和4年2月2日(水曜日)
  2. デジタルカメラによる夜空の明るさ調査
    •  令和4年1月23日(日曜日)~令和4年2月5日(土曜日)

      (データ報告期間は、令和4年1月23日(日曜日)~令和4年2月15日(火曜日))

観察時間

  1. 肉眼による観察
    •      日没1時間半後以降
  2. デジタルカメラによる夜空の明るさ調査
    •      日没1時間半後~3時間半後の2時間

 詳しくは、下記リンクの環境省「星空を見よう」星空観察情報サイトをご確認ください。  

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

まちの再生部 ゼロカーボンシティ推進室 環境創造課
〒669-1595 兵庫県三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5064
ファックス番号:079-563-3359

メールフォームからのお問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?