令和4年度組織改正について

更新日:2022年04月01日

ページID: 14197

三田市組織図(令和4年4月1日)

令和4年度三田市組織図(PDFファイル:105.3KB)

令和4年4月1日付組織改正について

組織改正の基本方針

令和4年度は、第5次総合計画に基づく「新しいまちづくり」のスタートに向けて、本市が直面する重要課題への取り組みを加速化させるため、総合的かつ横断的な組織体制の確立を図るため組織改正を行います。

組織改正の概要

(1) 重要課題への取り組みの推進

「市長公室」を廃止し、新たに「総合政策部」を創設するとともに、本市が直面する重要課題を集中的・戦略的に所管することにより、取り組みを加速化させます。また、「総合政策部」に、政策業務及び秘書広報業務を担当する「政策調整室」と、人口減少対策、デジタル技術を活用したまちづくり及び急性期医療をはじめとする地域医療推進を担当する「未来戦略室」を置きます。

ア SDGsの取り組みの推進

「政策課」に「SDGs推進担当」を置き、SDGsの取り組みを第5次総合計画によるまちづくりと一体的に推進します。

イ 若者のまちづくり課の強化

「若者のまちづくり課」に、人口減少対策に取り組む「移住・定住・少子化対策係」と、公民連携に関わる総合的・一元的な窓口として「大学・公民連携係」を創設し、若者を中心としたまちの活力を維持する取り組みを強化します。

ウ スマートシティの推進

「ICT推進課」を「スマートシティ推進課」「デジタル戦略課」に分け、さんだ里山スマートシティの取り組みのさらなる推進を図ります。

エ 地域医療の推進

「市民病院改革プラン推進課」を「地域医療推進課」に改め、急性期医療をはじめとする地域医療提供体制の確保に向けて取り組みます。

(2) 「共創」・「共生」・「再生」によるまちづくりの推進

ア 「共創」~地域を元気に~

「地域創成部」を「地域共創部」に改め、パートナーシップで取り組む協働・共創のまちづくりをさらに推進します。

イ 「共生」~地域にやさしい~

(ア) 「福祉共生部」を「共生社会部」に改め、多様性と調和による誰ひとり取り残さないまちづくりを推進します。

(イ) 「共生社会推進室」を「福祉共生室」に改め、次の取り組みを推進します。

・「人権推進課」を「人権共生推進課」に改め、人権を尊重し多様性を認め合う共生社会を推進するとともに、同課に「女性活躍・多文化共生推進担当」を置き、「まちづくり協働センター」から男女共同参画及び多文化共生施策を移管し、取り組みを強化します。

・「地域福祉課」に「孤独・孤立対策担当」を置き、つながりをつくり孤独・孤立対策を総合的に推進します。

・「生活支援課」を「暮らしの安心課」に改め、「まちの再生部」から市営住宅業務を移管し、市民が安心して暮らすことができる取り組みを推進します。

(ウ) 「健康推進室」を「健康共生室」に改め、「健康増進課」の係を廃止し、スタッフ制にするとともに、「新型コロナウイルス感染症対策担当」を置き、新型コロナウイルス感染症対策を総合的に推進します。

ウ 「再生」~地域を強く~

(ア) 「交通まちづくり課」に、次世代モビリティの対応を戦略的に推進する「交通企画係」と、市民の移動手段の維持確保を図る「交通整理係」を創設し、交通施策の充実強化を図ります。

(イ) 「環境共生室」を「ゼロカーボンシティ推進室」に改め、次世代につなぐ住みやすい持続可能なまちづくりを推進します。

(ウ) 「用地課」を「用地対策課」に改め、地積調査の取り組みを推進します。

(3) 子どもの学びを支える教育環境の整備促進

「学校教育部」に「学校再編担当」を置くとともに、「学校再編課」を創設し、学校再編に向けた取り組みの強化、推進を図ります。

(4) その他の課題に対する対応

ア 危機管理体制の強化

「危機管理課」を「経営管理部」に移し、重層的に体制強化を図るとともに、同課に「防災・減災企画担当」を置き、公助の取り組みの強化と合わせ、自助、共助の取り組みの普及啓発により防災意識の高揚を図ります。

イ 下水道施設の適正管理

「下水道課」の「施設係」を「整備係」と「管理係」に分け、老朽化や耐震化に対応する下水道施設の適正な管理体制を確立します。