• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 救急 > キッピーの「命を助け隊」 熱中症対策

ここから本文です。

キッピーの「命を助け隊」 熱中症対策

広報動画

熱中症対策の動画を作成しました。ぜひ一度ご覧ください。

熱中症とは

温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いと、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症の応急手当

1.涼しい場所への移動
エアコンがある部屋が近くにあれば部屋を冷やし移動させ、衣服をゆるめて安静に寝かせます。車が近くにあればエアコンで車内を冷やし、車の中で休ませましょう。
2.身体冷却
保冷材や濡れたタオルで首、わきの下、太ももの付け根など太い血管がある部分を冷やします。扇風機・うちわなどで風を当てると冷却効果が上がります。
3.水分摂取
飲めるようであれば、水分をこまめにとらせましょう。できればスポーツドリンクが有効です。

※意識状態が悪い場合は、迷わず救急車を呼んでください。

熱中症予防のポイント

1.水分補給
のどがかわかなくてもこまめに水分をとりましょう。スポーツ等を行う場合は、競技中もこまめにスポーツドリンク等をとりましょう。
2.暑さ回避
暑い時間帯の屋外での活動はひかえましょう。室内では室温を28℃を目安に、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。
3.体調管理
体調が悪いと熱中症になりやすくなります。日頃から栄養バランスの良い食事をとり、体力づくりを心がけましょう。
4.適度休息
無理をせず、適度に休息をとりましょう。 

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部救急課 

住所:〒669-1543 三田市下深田396

電話番号:079-564-7305

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?