• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部  「新人救急救命士の意気込み」 令和3年9月23日放送

ここから本文です。

こちら三田市消防本部  「新人救急救命士の意気込み」 令和3年9月23日放送

地元FM局・ハニーFM(82.2MHz)に三田市消防署員が出演し、三田市消防本部における新型コロナウイルス感染症の実情や日常生活の注意点などを放送していますので、ぜひお聴きください。

 こちら

令和3年9月23日放送  「新人救急救命士の意気込み」(ラジオ番組)(外部サイトへリンク)

放送内容

9月の放送は、令和3年1月1日から9月16日までの火災・救急・救助・その他出動件数、熱中症、新人救命士の意気込みについてお話させていただきました。

新人救急救命士の意気込み

 平成31年度、令和元年度にそれぞれ救急救命士署内選考会に合格。令和2年4月から令和2年10月まで1名、令和2年9月から令和3年3月まで1名、約6か月間において、前者は救急救命東京研修所へ後者は兵庫県消防学校救急救命士養成課程にて座学及び実技を習得し修了。令和3年3月14日に実施された救急救命士国家試験に合格し、共に救急救命士となる。

 救急救命士の役割は、現場で適切な判断・処置を行い、適切な医療機関へ早期に搬送することです。冷静に判断できる知識・技術の向上と熱い気持ちを持ち続け、救急車を必要としている人はもちろんのこと、その周りの人にとって大切な人を守れるように努めます。

 9月までの災害件数

火災・・・・・25件/年   救急・・・・・2670件/年   救助・・・・・107件/年   その他・・・260件/年

熱中症・・・44件/年

*熱中症は、令和3年度は4月26日から統計を取り始めています。

「新しい生活様式」における熱中症予防のポイント

1  マスクの着用について
    屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
2  エアコンの使用について
    新型コロナウイルス対策のためには、冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行う必要があります。換気により室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をお願いします。
3  涼しい場所への移動について
    人数制限等により屋内の店舗等にすぐに入ることができない場合もあると思います。その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。また、車が近くにある場合は、エアコンで冷やした車内に移動しましょう。
4  日頃の健康管理について
  「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックをお願いしています。これらは、熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで、発熱に早く気づくこともできます。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部救急課 

住所:〒669-1543 三田市下深田396

電話番号:079-564-7305

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?