• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 産業 > 創業支援 > 三田市での起業・創業をサポートします

ここから本文です。

三田市での起業・創業をサポートします

   三田市では平成28年度より、「産業競争力強化法」に基づき「創業支援事業計画」を策定し、 創業支援に関する相談窓口を設置するとともに、三田市商工会等支援事業者と連携して、創業希望者へ準備期から創業後のフォローアップまで段階に応じた支援を行っています。

創業支援機関(連携機関)

    三田市、三田市商工会、(公財)ひょうご産業活性化センター、兵庫六甲農業協同組合、関西学院大学、湊川短期大学、池田泉州銀行三田支店、但馬銀行三田支店、日本政策金融公庫神戸支店

創業支援事業について

    創業支援機関が連携して創業(希望)者が円滑に創業できるようにサポートします。
具体的には、三田市商工会が「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4分野の知識が身につく個別相談指導や実践創業塾(特定創業支援事業)を行うほか、各支援事業者が持つノウハウや強みを生かした適切な創業支援の提供を行います。

特定創業支援事業について

特定創業支援事業とは 商工会が行う「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4分野の知識が身につく個別相談指導及び実践創業塾が該当します。

4分野すべての特定創業支援事業を受けた創業(希望)者には市が証明書を発行します。

証明書を受けると

4分野すべての特定創業支援事業を受け、市の証明書を受領した創業(希望)者は、下記の国の優遇支援措置を受けることができます。

 (1)市内で会社を設立する場合の登録免許税の軽減

 株式会社または合同会社は、資本金の0.7%の登録免許税が0.35%に減免されます。

 合同会社または合資会社は1件につき6万円の登録免許税が3万円に減免されます。

 (2)無担保、第三者保証人なしの創業関連保証を事業開始6ケ月前から利用の対象になります。(通常は2か月前)

 (3)日本政策金融公庫の融資制度である「新創業融資制度」を、創業資金総額の10分の1以上の自己資金要件を満たす者として利用することが可能です。

 (4)日本政策金融公庫の新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能です。

 創業支援概要図

 関連リンク

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室産業政策課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5085

ファクス番号:079-559-5024

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?