• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 産業 > セーフティネット保証等 > 危機関連保証

ここから本文です。

危機関連保証

最新情報 

 

・危機関連保証認定の電子申請が可能になりました。(外部サイトへリンク)

危機関連保証の指定期間が令和3年12月31日まで延長されます!(令和3年5月28日現在)(外部サイトへリンク)

 

認定申請書、委任状の押印が不要になりました!

(ただし、代理申請の場合は、社員証や免許証等、代理人の本人確認書類の提示が必要です)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた日から1年以上経過した場合の認定方法について(令和2年12月25日現在)(ワードdocx:15KB)

危機関連保証とは

危機関連保証とは、東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種※を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)及びセーフティネット保証の保証限度額(2.8億円)とは別枠(2.8億円)で借入債務の100%を保証する制度です。

※保証対象業種に限る。

詳しくは中小企業庁ホームページをご覧ください。

中小企業庁ホームページ(外部サイトへリンク)

危機関連保証の概要(経済産業省HPより)(外部サイトへリンク)

指定期間

令和2年2月1日~令和3年12月31日

※危機関連保証は、指定期間内に融資実行まで行う必要があります。

認定を受けるには・・・

 ①認定要件を確認する

下記の2つの認定要件①②を満たす必要があります。

①金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。

②新型コロナウイルス感染症に起因して、原則として、最近1か月間(2月1日以降)の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる。

 ◎創業3か月以上~1年1か月未満の事業者も対象となりました。

②必要書類を用意する

①必要書類は下記のチラシからご確認ください。

 ☆危機関連保証チラシ:認定に必要な書類一覧(ワード:47KB)

②申請書は下記からダウンロードできます。

 申請書の様式は創業年数によって異なりますので、該当する様式をダウンロードしてください。

 ※申請書の申請者名が自著の場合、押印の必要はありません。

 認定申請書の様式一覧

③委任状は下記からダウンロードできます。(代理申請の場合のみ必要、様式は任意)

 様式:委任状(ワード:37KB)

③申請方法

①必要書類を提出する

郵送もしくは、産業政策課窓口にて必要書類の提出してください。

宛先:〒669-1595 三田市三輪2-1-1 三田市産業政策課

②電子申請する

次のURLから申請してください⇒https://logoform.jp/form/hyogo-sanda/27365(外部サイトへリンク)

※申請前に、次の手引きをお読みください⇒「セーフティネット保証4号および危機関連保証のインターネットによる申請について(ワードdocx:22KB)

必要書類の提出後(電子申請のデータ受信後)、審査のうえ、最短で翌営業日に認定書を発行します。

参考: 融資事務の流れ

  wansutoppu

 

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室産業政策課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5085

ファクス番号:079-559-5024

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?