• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消防 > こちら三田市消防本部(ラジオ番組) > こちら三田市消防本部「感染防止対策」「年末特別警戒」について令和2年11月26日放送分

ここから本文です。

こちら三田市消防本部「感染防止対策」「年末特別警戒」について令和2年11月26日放送分

消防本部職員が、日常の火災予防や応急手当の基礎知識などのほか、消防本部の取り組みについてお伝えする広報番組「こちら三田市消防本部」

毎月第4木曜日の15時10分から15時30分に放送していますので、ぜひお聴き下さい。

イラスト

 

「こちら三田市消防本部」令和2年11月26日の放送の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からおききいただけます。(外部サイトへリンク)

災害について

 令和2年11月25日現在の災害件数
火災 21件
救急 3367件
救助 128件
その他 323件

インフルエンザ感染防止について

インフルエンザは38℃以上の発熱、関節痛や筋肉痛、頭痛などの全身症状が急に現れることが特徴です。ご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方は重症化することがあります。
予防方法は、流行前のワクチン接種が有効です。

感染防止対策としては

  1. マスクの着用
  2. 手洗い、うがいを実施
  3. 加湿器を使って湿度を50%から60%に保つ
  4. バランスのとれた栄養をとることや睡眠をしっかりとって休養することで免疫力を維持する

その他、ご高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は必要以上に人混みに入らないようにしましょう。

 

新型コロナウイルス感染防止について

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、咳エチケット、手指衛生等に加え3つの密(密閉、密室、密集)を避けましょう。
具体的な対策としては次の3点があります。

 

  1. 「密閉」空間にしないよう、こまめに換気をしましょう
  • 2方向の窓を、数分程度、全開にして1時間に2回は行う
  • エアコンは空気を循環させるだけですので、必ず換気する
  • 空気清浄機は、新型コロナウイルス対策への効果は不明なので換気も併せて実施する
  • 車のエアコンでは、「内気循環モード」ではなく「外気モード」にする

 

      2.「密集」しないよう、人と人の距離を取りましょう

  • 他の人とは互いに手を伸ばしても届かない十分な距離(2m以上)をとる
  • 向かい合って座らないようにして、互い違いに座ることも有効
  • エレベータ―が混みあっているときは一本遅らせる。健康のためにも、階の上下には階段の利用に努める

 

      3. 「密接」した会話や発声は、避けましょう

  • 対面での会議や面談が避けられない場合には、十分な距離を保ち、マスクを着用する
  • エレベータ―や電車の中などでは、会話や携帯電話による通話はしない
  • 多人数での会食のように、大声にならざるを得ない催しはやめておく

年末特別警戒の実施について

  これから年末にかけて、一段と寒さが厳しさを増し、空気が乾燥するこの季節、火の取扱いや暖房器具を使用する機会が増えてくると思います。年末を迎え、慌ただしくなることも重なり、ふとした不注意が原因でこの時期は、火災が発生しやすくなります。
  これからの時期、大勢の人で賑わう商店街、神社などで、ひとたび火災が起これば、大惨事につながる危険性が高くなることから、例年12月15日から年末にかけて特別警戒を実施しております。
  この期間中には、消防署や消防団による防火広報を実施します。
  更に、消防団による警戒内容としては、火災や災害が発生した際にすぐに出動できる様に12月26日(土曜日)から12月30日(水曜日)までの5日間、各分団器具庫に詰めて警戒活動を実施いたします。勿論この警戒時は、消防団員のマスク着用や検温、手指消毒の徹底を心がけて警戒活動に従事いたします。
  今年度は、新型コロナウイルスの影響で年末年始を自宅で過ごされるかたも大勢おられるかと思いますが、自宅で火気を取り扱う際には、火気のそばに燃えやすいものがないか、火のつけっぱなしがないかなどを今一度ご確認いただき火事を起こさないようにしましょう。

特によくあるご質問

お問い合わせ

消防本部総務課

電話番号:079-564-0119

ファクス番号:079-563-1230

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?