• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 施設案内 > 香下寺 中世古文書

ここから本文です。

香下寺 中世古文書

市指定文化財。
以下の7点から成る。
正平18年(1363年) 「後村上天皇論旨 摂津国小部庄地頭職寄進上」
応安4年(1371年)「赤松則祐四至禁制書」
永和2年(1376年) 「斯波氏四至禁制書」
康暦2年(1380年) 「足利義則香下寺四方山境書(東・西・南・北)4点
南北朝時代に香下は京と播磨の要地に当たり、香下城への攻防が繰り返されたことから、領主が交代する際に寺の維持と寺領を確保するためのお墨付きとして書かれた。

施設情報

郵便番号

669-1507

住所

三田市香下寺字上垣内456