• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 施設案内 > 蓮花寺 楼門

ここから本文です。

蓮花寺 楼門

県指定文化財。
川原観福寺と同形式の単層仁王門であったところ、昭和63年の解体修理にあたって屋根下の木組みを検討した結果、創建時は2層の楼門であったことが確認されたので、原型に復元された。
縁腰組は三手先に組み、中備は間斗束、和様を基調に室町時代末の特色をよく残している。
寺伝によれば戦国の兵乱に罹災、後に豊臣秀吉の命により片桐且元が再建したとされる。
なお、正面上に掲げてある山号額は享保19年(1734年)京都門跡尼寺宝鏡寺より贈られた額である。

施設情報

郵便番号

669-1413

住所

三田市下槻瀬678