• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 広報・報道 > 市長記者会見 > 令和3年7月16日市長定例記者会見

ここから本文です。

令和3年7月16日市長定例記者会見

日時

令和3年7月16日13時から13時44分まで

会場 本庁舎3階庁議室
出席者

市長、危機管理監(兼情報政策監)、広報・交流政策監、経営管理部長、福祉共生部担当部長、市長公室長、市長公室参事(兼秘書広報課長)、秘書広報課広報担当課長

報道機関

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、神戸新聞、六甲タイムス

 

20210716市長定例記者会見

 発表項目一覧

  1. 「若い世代・子育て世代に選ばれるまち」フラワータウンに向けて!!
    ~NPOと連携し中古住宅を活用した移住促進事業を開始~(PDF:585KB)
  2. 三田市働き方改革の取り組み(令和2年度実績と令和3年度方針)(PDF:165KB)
  3. さんだ里山スマートシティの取り組みについて
    ・「さんだ里山スマートシティ官民共創プラットフォーム」分野部会の設置
    ・市役所のスマート化(PDF:141KB)
  4. コロナ禍であっても、市民が安心して避難所を利用できるように災害時対応を想定した避難所運営訓練を実施します(PDF:237KB)
  5. 三田市へのワクチン供給状況と今後の体制等について(PDF:117KB)
     

主な質疑応答

新型コロナウイルスワクチン接種について

記者:8月30日から9月12日まで集団接種を中断するのはなぜか。
市長:9月以降のワクチン供給が不透明であるため。供給見込みに一定の目途が立てば、改めて接種計画を見直したい。

移住促進事業について

記者:来月にも人口が11万人を下回りそうだが、空き家の問題や人口減など、どのように考えているか。
市長:若い人に三田で住み続けてもらう、市外から三田に来てもらうことを戦略的に進める必要がある。

三田国際マスターズマラソンについて

記者:今年度も三田国際マスターズマラソンを中止するが、すでにオンラインで実施している他市との連携は考えているか。約4,500人の集客はなくなるが、一方、オンラインで集まるランナーに三田市をPRするチャンスになるのではないか。
市長:どのようにすれば、参加者に楽しんでもらえるのかを、他市から学んで検討したい。また、参加者に三田市をPRするための手法を考えたい。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?