• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 広報・報道 > 市長記者会見 > 令和2年10月14日市長定例記者会見

ここから本文です。

令和2年10月14日市長定例記者会見

日時

令和2年10月14日13時から13時50分まで

会場 本庁舎3階庁議室
出席者

市長、広報・交流政策監、経営管理部長、子ども・未来部長、危機管理担当次長、市長公室参事(兼秘書広報課長)、秘書広報課副課長

報道機関

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、神戸新聞、六甲タイムス

 

1014市長定例記者会見

 発表項目一覧

  1. 令和3年度予算編成方針について(PDF:204KB)
  2. さんだ里山スマートシティに向けた取り組みについて(PDF:169KB)
  3. 保育所等利用待機児童の状況について(PDF:234KB)
  4. 令和2年度三田市総合防災訓練の実施について(PDF:145KB) 

主な質疑応答

さんだ里山スマートシティ(リモートワーク都市・三田)について

記者:市民センターの一部をコワーキングスペースにするということか。
市長:従来の行事・自治会利用の他に、コワーキングスペースとして市民が利用できるようにオンライン環境を整えるなど、新しい時代に適した役割に整備していきたい。
記者:例えば、大阪で働いている人が市民センターに行けば、三田でリモートワークできるということか。
市長:そのとおり。利用料は考えないといけないが、育児と在宅勤務の両立が困難という声も聞くので、自宅以外の選択肢として利用してもらいたい。企業に勤めていない方が仕事をする場所としても使える。
記者:事業スケジュールは、いつ頃を目標に考えているのか。
市長:現在はアイデア段階のため、年内に基本構想をまとめ、予算についても来年度から段階的に反映していきたい。三田市は大阪や神戸からも近く、通勤者も多い。地理的な利点も生かし、リモートワークの環境整備をまちづくりの一つとして進めていきたい。

さんだ里山スマートシティ(IoTヘルスケア・サービス)について

記者:スマートフォンのアプリを活用した健康増進事業なのか。
市長:市民にアプリで健康情報を把握していただくとともに、健康への関心も高く、ウイズコロナで外出しにくいという状況もあるため、市としてもまずは様々な相談機能を活用し、市民の健康管理を支援していきたい。そして、順次いろんな施策へと拡げていきたい。
記者:アプリの健康情報をオンライン診療につなげていくのか。
市長:その点については、今後の研究が必要である。オンライン診療については国でも意見が分かれているが、三田市としては市民病院や医療機関と連携し、道筋をつけていきたい。ただし、制度上の問題などもあるため、国の動きを注視し、順次できることを進めていきたい。

待機児童について

記者:次年度は待機児童数をどこまで減らしたいという決意はあるか。
市長:私の重点プロジェクトでも待機児童数を「0」にするという目標があるので、厳しいかもしれないが、5年以内には待機児童数を「0」にしたい。
記者:待機児童数が増えている要因は、ウッディタウン地区での児童数が予想よりも増えていることなどがあるのか。
市長: 保護者の働き方が変わってきていることが影響しているかもしれない。いずれ待機児童数は減ると承知しているが、現在認可保育園で対応しているウッディタウンには、令和4年度に保育所を新設するなどしっかりと対応していき、多くの保護者が働ける環境を整備していきたい。

予算編成方針(予算フレーム)について

記者:地域経済の厳しい状況を考えると歳出予算フレームの減額はこれで足りているのか。
市長:今回の歳出予算フレームは、市民サービスを維持するために必要な予算を算出している。歳入が確保できない場合は、財政調整基金の取り崩しや国、県に要望しながら起債を起こすことも考えられる。歳入を見極め、歳出予算を立てるという例年のプロセスとは異なるが、リーマンショック以上の経済的影響も懸念され、まずは必要な市民サービスを行うために歳出予算フレームを立てた。ほかにも、市民病院の経営状況によっては、一般会計から繰り入れることなども視野に入れている。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?