• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 広報・報道 > 市長記者会見 > 令和2年6月9日市長定例記者会見

ここから本文です。

令和2年6月9日市長定例記者会見

日時

令和2年6月9日11時から11時43分まで

会場 本庁舎3階302A会議室
出席者

市長、広報・交流政策監、危機管理監、経営管理部長、市長公室長、市長公室参事(兼秘書広報課長)、保育振興課長、人権推進課長、秘書広報課副課長

報道機関

朝日新聞、神戸新聞、六甲タイムス

 

令和2年6月9日市長定例記者会見

 発表項目一覧

主な質疑応答

避難所について

記者:新たに確保する避難所は何カ所ぐらいを想定しているか。
市長:最大限で4~5カ所を想定している。

記者:新たに確保する避難所はどのあたりの場所と考えているのか。
市長:人口に応じた形ではなく、これまでの避難実績や被害想定など地域性に基づいて検討するが、まだ決めていない。これまでニュータウンは風水害の被害は少なく、在宅避難なども検討する。避難所については、今後どんな災害が想定されるのか、感染症の対応もあるため、最大限で4~5カ所が新たに必要ではないかと考えている。

記者:新たに確保する避難所に専用避難所は入っているのか。
市長:入っていない。専用避難所については、新たに確保する4~5カ所の避難所とは別に県と調整する。 

新設認可保育所の整備予定地について

記者:三田市としては初めての都市公園法改正に伴う公園の占有事例になるのか。
市長:初めてである。公園を有効に活用したい。

記者:公園緑地のため、もともと市の所有地か。
市長:市の所有地である。今回、ウッディタウン地区の待機児童が多いことと、事業者の関心を得られることをもとに選定を行った。これからは、周辺住民のご理解を得られるよう進めていきたい。

記者:過去最高の待機児童数について、どのように分析し、受け止めているのか。
市長:ニーズや地域の偏りもあるが、私の予想よりも多かったことは、危機感を持って対処したい。令和4年には今回の用地への整備により、少しでも待機児童を減らしたい。また、令和3年4月に向け、定員の緩和措置などソフト事業も含め、待機児童対策を強化していきたい。

その他

記者:三田国際マスターズマラソンは今年はどうなるのか。
市長:従来の形では実施は難しいと考える。何かマスターズマラソンにかわるものがあれば、代替案は無理でも来年のマスターズマラソンにつながる何かを検討したい。最終的には、6月下旬から7月までに実行委員会で判断される。

記者:定額給付金について、現在の給付の状況について、どのように思っているか。
市長:振り込み作業を行う銀行側の都合もあり、我々が望んでいるスケジュールです。現在受付している申請分については6月20日までに給付が終わるような事務作業ペースであり、一日でも早く届けられるよう職員は頑張っている。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

  市長公室秘書広報課広報係

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5040

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?