• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 広報・報道 > 市長記者会見 > 三田市非常事態宣言の解除にかかる市長メッセージ「新たな日常へ コロナに負けない三田を」(5月22日)

ここから本文です。

三田市非常事態宣言の解除にかかる市長メッセージ「新たな日常へ コロナに負けない三田を」(5月22日)

 

この度、兵庫県への緊急事態宣言の解除を踏まえ、「三田市非常事態宣言」を解除させていただきました。
現在の感染者の状況から、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に一定の歯止めができたものと考えています。この間、市民や事業者の皆さまの外出自粛や休業等のご協力や、医療従事者をはじめ、さまざまな立場で社会基盤を支えている皆さまにご尽力いただいたことに深く感謝申し上げます。
解除に伴い、これまで感染の拡大防止を図るために実施してきました取り組みを段階的に緩和していきます。具体的には、小・中学校等は6月1日から分散登校による授業を再開します。また、休園中の幼稚園についても、同様に6月1日から段階的に保育を再開します。なお、認可保育所等については、特別保育期間を5月23日で終了しますが、引き続き自宅での保育が可能な方については、登園の自粛をお願いしてまいります。
さらに、公共施設については、屋外スポーツ施設の利用を5月23日から再開します。なお、市民センター等は6月1日からオープンスペース等の利用を除き再開します。
少しずつではありますが、生活環境は日常生活に戻っていきます。しかしながら、油断は禁物です。コロナウイルスの終息への道筋は未だ見えておりません。ワクチン開発などによる終息には数年かかるとも言われています。私たちは、「ウィズ(with)コロナ」の時代に生きていくことになります。そうした時代に、生活様式を見直し、コロナに負けない新たな日常を創り上げていかなければなりません。引き続き、「自分を守り、人を守り、そして三田を守る」ために、市民の皆さまのより一層のご理解をよろしくお願いします。
学校再開により子どもたちの笑顔が、まちの店舗の再開等によりまちの元気が、少しずつ戻ってくることが期待されます。そのためには、(1)手洗い、消毒の徹底(2)接触を防ぐなどの取り組みの継続などにより、着実に新たな生活様式を守っていかねばなりません。市民の皆さまの更なるご協力をよろしくお願いします。三田市としてもさまざまな取り組みにより支援してまいります。

   令和2年5月22日 三田市長 森  哲男

関連資料

 【資料内容】

  • 「三田市非常事態宣言」の解除にかかる市長メッセージ
  • 市立学校園の再開について
  • 市内認可保育所等の対応について
  • 市内公共施設の利用再開について
  • 千丈寺湖周辺公園の駐車場の閉鎖及びバーベキュー利用禁止の解除について
  • 市役所出勤者の分散出勤の解除等について 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?