• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 通知カード、個人番号カード、住民基本台帳カード > マイナンバー「通知カード」(紙製)について(令和2年5月25日に廃止)

ここから本文です。

マイナンバー「通知カード」(紙製)について(令和2年5月25日に廃止)

マイナンバー「通知カード」(紙製)は、令和2年5月25日に廃止になります。

 マイナンバー(個人番号)をお知らせする通知カード(紙製)は、法改正により令和2年5月25日に廃止になります。

 ただし、最新の氏名や住所などが記載されているものに限り、廃止後もマイナンバーを証明する書類として引き続きお使いいただけますので、大切に保管してください。

住所や氏名などに変更があり、住民票の情報と通知カードの記載内容が合っていない場合は、通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できません。

通知カード表面の記載内容(発行後に住所や氏名の変更があった場合は裏面の追加記載内容)が、最新のものでない場合は、令和2年5月22日(金曜日)までに裏書手続きをお願いします。

【通知カードの裏書き手続き】 ※令和2年5月22日(金曜日)までにお越しください。

 必要なもの:通知カード、本人確認書類(運転免許証等) ※同じ世帯以外の人が手続きされる場合は委任状が必要です。

 受付窓口:市役所本庁舎1階  市民課

 

 なお、通知カードの廃止後に出生などで新たにマイナンバーが付番された人には、通知カードに替えて「個人番号通知書」が送付されます。

 

 また、この機会に、コンビニエンスストアなどでも住民票などが取得できる便利なマイナンバーカード(顔写真付きで本人確認書類にもなります)の申請をお勧めします。

 ※マイナンバーカードの申請方法については三田市ホームページをご参照ください。なお、新型コロナウイルスに係る三田市非常事態宣言に伴い、マイナンバーカードの申請サポートコーナーは5月31日(日曜)まで休止中です。

 マイナンバーカード(個人番号カード)の申請

 

「通知カード」とは?

 「通知カード」は、紙製のカードで、マイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。

通知カードサンプル

券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

「通知カード」は、マイナンバーを確認するための大切なカードですので、紛失したり処分したりしないよう大切に保管をしてください。  

「通知カード」は、初回無料で交付されますが、初回にお受け取りを拒否された場合や紛失等による再交付には500円の手数料が必要となりますのでご注意ください。なお、通知カードは令和2年5月25日に廃止が予定されており、廃止後は再交付の申し込みはできません

「通知カード」のお届けについて

1.「通知カード」は住民票のある住所へ送られます。

「通知カード」は、平成27年10月5日時点の住民票の情報をもとに地方公共団体情報システム機構(J-LIS)で作成し、地方公共団体情報システム機構から郵便局を経て順次配達されました。 

※平成27年10月5日以降に出生や国外転入等により初めて住民票を作られた方の「通知カード」は、戸籍届出や住民異動届出以降、随時、「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」から簡易書留郵便(転送不可)にて送付されます。

2. 「通知カード」は世帯主あてに、転送不要簡易書留郵便で送られます。

配達時に不在の場合は、「簡易書留ご不在連絡票」が投函されます。

速やかに再配達の依頼等を行って、「通知カード」の受け取りをお願いします。

郵便局での保管期間は、お届けの翌日より、原則7日間です。

(保管期間を経過した後での郵便局への再配達の申し込みはできません。)

3.三田市役所に返戻された「通知カード」の受け取りについて

こちらのページでご確認ください。

4.「通知カード」の利用用途

行政機関の窓口等でマイナンバー(個人番号)を求められた際に利用可能です。

ただし、本人確認を行うために運転免許証等の書類の提示が必要となります。

なお、『マイナンバーカード(個人番号カード)』は1枚で、「マイナンバー(個人番号)の提示」と「本人確認」ができるので、みなさまに交付申請をお勧めします。

「通知カード」に関するよくある質問

通知カード」が届かないのですが?

「通知カード」は、住民票の情報をもとに国で作成し、発送されています。

受取人の不在、転送がかかっている、住民票を異動した、などの理由でお手元に届かなかったケースが考えられます。

この場合の「通知カード」は住所地の自治体に返戻されている場合があります。

通知カード」を受け取ったあとで住所や氏名が変更になった場合は?

 住所や氏名に変更があり、通知カードの記載内容が最新でない場合は、市役所市民課にて裏書きを行います。

 必要なもの:通知カード、本人確認書類(運転免許証など) ※同世帯以外の人が手続きされる場合は委任状が必要です。

 受付窓口:市役所本庁舎1F階 市民課

 ※通知カードは、令和2年5月25日に廃止になりますので、5月22日(金曜日)までにお手続きをお願いします。

通知カード」を紛失した・破損した場合はどうしたらよいのですか?

マイナンバーカード(個人番号カード)へ切り換えされる方は、マイナンバーカード(個人番号カード)の申請をしてください。

通知カードが必要な場合は、再発行も可能ですが、再発行手数料500円かかります。

なお、通知カードは令和2年5月25日に廃止になり、廃止以降は再発行の申し込みができなくなります。

また、紛失された場合は最寄りの警察署へ遺失届をご提出ください。

「通知カード」の再発行についてのお問い合わせ

  • 地域創生部 市民課 証明登録係(079-559-5044)

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課 担当者名:個人番号カード交付担当

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5106

ファクス番号:079-559-5114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?