三田市携帯サイト

20歳になったら国民年金に加入

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方は、国民年金の被保険者となります。20歳になれば厚生年金保険加入者や共済組合加入者、またはその配偶者に扶養されている人を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要となりますので、市役所市民課までお越しください。

1.国が責任を持って運営しています

国民年金は、現役で働く人たちの納める保険料が今の高齢者の生活を支え、現役世代が高齢者になったときには次の世代の納める保険料が生活を支えてくれるという「世代間扶養」の仕組みなので、日本の国が存在するかぎり破綻することはありません。

2.生涯、保障されます

生涯にわたって受け取ることができるので安心です。

3.万が一のときにも保障します

病気やけがなどで一定の障害が残ったときには「障害基礎年金」を、一家の働き手が亡くなったときは、その遺族(生計を維持されていた「子のある妻」または「子のある夫」、「子」)が「遺族基礎年金」を受け取ることができます。

※子とは、18歳になって最初の3月末までの子、または1・2級の障害の状態にある20歳未満の子をいいます。

4.受け取る年金額を国が補助します

年金として支払われる費用の一部を国が負担しています。

5.経済の変動にも強い年金です

国民年金は賃金や物価の変動にあわせて年金額が改定されるため、経済社会が大きく変動しても、年金の実質価値は保障されます。


ホーム > 手続き > 税金・国保・介護保険・国民年金 > 20歳になったら国民年金に加入


お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課
住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号
電話番号:079-559-5067
ファクス番号:079-560-2101


三田市役所


Copyright© 2010 Sanda City. All Rights Reserved.