• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍・住民異動 > 戸籍の届出 > 離婚の際に称していた氏を称する届

ここから本文です。

離婚の際に称していた氏を称する届

「離婚の際に称していた氏を称する届」とは、婚姻したときに氏を変更した人が、離婚後も引き続き婚姻中の氏を名乗るためのお届けです。

届出期間

離婚の日から3か月以内。

※離婚届と同時に届出することもできます。

※3か月を経過した場合は、家庭裁判所の許可が必要となります。

届出できる人

婚姻したときに氏を変更した人

届出できるところ

婚姻したときに氏を変更した人の本籍地・住所地・所在地のいずれか

届出に必要なもの

  • 離婚の際に称していた氏を称する届
  • 認め印(朱肉を使う印)
  • 戸籍謄本1通(三田市の本籍がある場合は不要)
  • 国民健康保険加入者は国民健康保険証
  • お持ちの方はマイナンバーカード

記載例

関連リンク

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5045

ファクス番号:079-560-2101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?