• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > くらし > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍・住民異動 > 住民票・マイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できます

ここから本文です。

住民票・マイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できます

 

 

住民票・マイナンバーカードなどに旧姓が併記できます。就職など仕事の場面で旧姓で本人確認ができるほか、各種契約や銀行口座の名義に旧姓が使われる場面で、その証明に使用できます。

 

登録できる旧姓

過去の戸籍上の氏

対象の証明書

住民票・マイナンバーカード、印鑑登録証明書など

※登録後、対象の証明書には常に旧姓が併記されます。

※住民基本台帳カードは対象外です。

登録に必要なもの

①戸籍謄本(併記を希望する旧姓が記載されたもの。除籍謄本の場合は、現在の戸籍につながるまでの全ての戸籍謄本などが必要)

②本人確認資料(運転免許証または保険証と年金手帳など)

③マイナンバーカードまたは通知カード(記載事項の変更が必要ですので必ずお持ちください)

※マイナンバーカードは暗証番号の入力が必要

※登録は、原則ご本人が窓口にお越しください。代理人による手続きを希望される場合は、事前にお問い合わせください。

 

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます。(PDF:919KB)


旧姓(旧氏)を併記するためには、どうしたらいいの?(PDF:440KB)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部市民協働室市民課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5044

ファクス番号:079-560-2101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?