• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 政策・行政改革・財政 > 三田市制施行60周年記念事業 > 三田市制施行60周年記念事業の事業構成について

ここから本文です。

三田市制施行60周年記念事業の事業構成について

  昭和33年(1958年)7月1日に人口32,673人のまちとして誕生した三田市は、平成30年(2018年)7月1日に市制施行60周年を迎えます。

60年を意味する還暦には、干支が生まれ年に戻る、つまり、第二の誕生という意味が込められています。その意味で、成長から成熟への本格的な転換のスタートにふさわしい節目の年として位置付け、これを市民総がかりで祝い、飛躍・発展する契機とするとともに、三田の魅力を広く情報発信し、次代へ継承することで、まちを理解し、誇りと愛着を深め、未来への夢を育む機会とします。

そして、基本コンセプトを「三田らしさ、自分らしさを礎に、未来に向けて共に新しい風を起こしませんか」、キャッチコピーを「新しい風、三田と共に」、基本方針を「つたえる」、「つなげる」、「はぐくむ」の3つとし、この記念すべき節目の年を、多くの市民の皆様と祝うため、平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間を実施期間として、三田市制施行60周年記念事業を実施します。

基本コンセプト

「三田らしさ、自分らしさを礎に、未来に向けて共に新しい風を起こしませんか」

ポスト60年の三田に向けた大きな節目の年を市民総がかりで祝い、飛躍・発展する契機とするとともに、三田の魅力を広く情報発信し、次代へつなげることで、まちへの誇りや未来への夢を育む画期とする。

キャッチコピー

新しい風、三田と共に

シンボルマーク

 60th

 基本方針

つたえる

  •  先人たちが築き上げた豊かな自然や歴史・文化等を振り返り、まちへの誇りと愛着を深め、その思いを未来へ継承する事業
  • 本市の良さを再発見又は創造し、三田の魅力を国内外に広く発信、アピールし、知名度を高める事業
  • キーワード
    城下町三田、偉人の輩出、進取の気性、未来志向、チャレンジ精神、まちへの誇り、明治維新150年、兵庫県政150年、学びの都(まち)、美食のまち、自然あふれる憩いの郷、(明日の)風、成熟(成長と違う新しい時代)、生まれ・育ち・暮らす地域

 つなげる

  •  市民をはじめ様々な主体が連携し、地域間・世代間などの交流の輪を広め、人と人との絆を強める事業
  • キーワード
    市民総がかり、連携、交流、人と人との絆、未来への責任感、協働、コミュニティ

はぐくむ

  • 次世代を担う子どもたちの夢や希望を育む事業
  • キーワード
    夢、希望、勇気、自信

 事業構成

三田市制施行60周年記念事業の構成は、記念式典と記念事業により構成します。

記念式典

 多くの市民の皆さんと市制施行60周年をお祝いするため、平成30年7月1日の市制記念日に「市制施行60周年記念式典」を総合文化センターで実施します。

記念事業 

 市の主催事業、三田市制施行60周年記念事業推進協議会が企画、実施する協議会事業、関係自治体、市民団体や地域、企業等が実施し、市が共催・後援等の支援を行う連携事業に分けて実施します。

主催事業 

 市や市が加わる実行委員会が主催し、成熟したまちづくりを推進する事業を実施します。

協議会事業

 様々な主体の参加により三田市制施行60周年記念事業を推進する同事業推進協議会が企画、実施し、成熟社会にふさわしい協働のまちづくりを進めます。

連携事業

 関係自治体、市民団体や地域、企業等が実施する様々な事業に対し、三田市制施行60周年記念事業の冠付けや事業の共催・後援等を通じた支援を行い、三田市制施行60周年を盛り上げる事業を実施します。

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

市長公室 政策課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5038

ファクス番号:079-563-1366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?