• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 里山 > 里山の保全と活用 > 三田市内の里山林等の紹介

ここから本文です。

三田市内の里山林等の紹介

三田市内では、有馬富士公園をはじめ、様々な場所で里山林整備・自然観察会・環境学習などの活動が行われています。

satoyamaitizu 

 

 

(1) 有馬富士公園

(2) 皿池湿原

(3) 高平 ナナマツの森

(4) 高平 観福の森

(5) 乙原 てんぐの森

(6) 三田 南公園 ブイブイの森

(7) 武庫・狭間・弥生の森

 

 

 

 

 

(1)有馬富士公園(県立有馬富士公園,市立有馬富士森林公園)

 三田市のシンボルの一つに有馬富士があります。

 里山林により形作られた山稜や山麓に広がる福島大池周辺は有馬富士公園として整備されています。

 有馬富士公園は「シンボルゾーン」「出会いゾーン」「休養ゾーン」の3つのゾーンに分かれており、有馬富士のあるシンボルゾーン(市立有馬富士森林公園)ではさまざまなルートでの登山や散策が楽しめます。

 また福島大池周辺の出会いのゾーン(県立有馬富士公園)内には、棚田、鳥の道、林・水辺・草地の各生態園など自然体験や生き物の観察に最適な施設、日本の伝統的な住まいや暮らしを伝承するかやぶき民家などがあります。

 市立有馬富士森林公園

 県立有馬富士公園 

(2)皿池湿原

 皿池湿原は、2019年3月兵庫県の天然記念物に指定された県下有数の湿原生植物の種多様性を誇る貴重な湿原です。

 現在、希少動植物の保護、外来生物の持ち込み防止などを目的として、関係者以外の立入を禁止しております。

皿池湿原

皿池湿原の守り人(外部サイトへリンク)

(3)高平 ナナマツの森(たかひら ななまつのもり)

 三田市上槻瀬(かみづきせ)地内の里山で、尾根筋のアカマツ林、集落背後に広がるコナラ林、谷沿いのスギやヒノキ林、集落付近の竹林、ため池と棚田の水田で構成されています。

 上級者向けの登山を楽しめる健脚コースのほかに、緩やかな上り下りの散策路をぐるりと周りながら自然を楽しめるファミリーコースがあり、初心者の方にもおすすめです。

高平 ナナマツの森

  (4)高平 観福の森(たかひら かんぷくのもり)

 三田市布木(ふき)、川原(かわら)地内の里山で、山頂のとりで広場周辺の尾根筋にはアカマツ林が、山すそにはコナラ林が広がっており、スギやヒノキ林、竹林も見られます。

 山頂のとりで広場は「ひょうごの景観ビューポイント150」に選ばれており、高平地区に広がる田園風景を一望できます。

 麓付近の観福寺または高平ふるさと交流センターから、とりで広場までの登山コースがおすすめです。

高平 観福の森

  (5)乙原 てんぐの森(おちばら てんぐのもり)

 三田市乙原地内の千丈寺山にある里山で、主に渓流沿いのケヤキやスギ、ヒノキ林を歩く登山道となります。

 尾根筋では早春にコバノミツバツツジが美しく咲きます。

松住権現(まつずみごんげん)のある広場までは、山道が険しい場所もあり、中級者~上級者の方におすすめです。

乙原 てんぐの森

(6)ブイブイの森(南公園)

 フラワータウン内にある里山林で、まちなか里山公園として管理され、里山の持続的な保全が図られています。

自然環境を学び、楽しむ「環境学習の場」、またそれらを通じた交流、地域コミュニティーの場として活用されています。

パンフレット(PDF:764KB)

(7)武庫・狭間・弥生の森

 フラワータウンの武庫・狭間・弥生と神戸市との市境の小径に沿った森で、市民ボランティアの手により、緩やかな上り下りの遊歩道が整備されています。

なお、これらの里山は「北摂里山30(外部サイトへリンク)」に指定されています。

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室里山のまちづくり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5226

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?