• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 里山 > 生物多様性の保全 > 皿池湿原について

ここから本文です。

皿池湿原について

皿池湿原とは

皿池湿原は、三田市が誇る貴重な湿原です。湿原は、常に湿った状態にあり、しかも貧栄養な立地に成立する特殊な草原です。そんな湿原がここ三田市に残っています。
湿原は、それ自体がめずらしいため、動植物も普段見ることのないものが棲んでいます。トキソウ、サギソウ、ムラサキミミカキグサ、モウセンゴケ、ミズギボウシ、スイランなどの可憐な草花が季節ごとに異なる彩りを湿原に与えます。また、ヒメタイコウチ(泳げない水生昆虫)やハッチョウトンボ(体長約2センチメートルの世界最小級のトンボ)が見られるのも湿原ならではです。
市の財産ともいえる貴重な皿池湿原ですが、湿原は人との関わりの中で育まれ、守られるという性格を有しています。周辺の里山の利用が湿原を守ってきたと考えられており、近年では放置された里山の、木々が湿原におおいかぶさるなど、環境の劣化が顕在化している例も少なくありません。皿池湿原でもその兆候が認められるため、市による木々の伐採など、保全管理を積極的に進めています。

                                                             tyuukaku

                                                                                                  

豊かな生物多様性について

皿池湿原で確認されている湿原に特有な植物(湿原生植物)は48種類を数えます。兵庫県下の湿原について、湿原生植物の種数を調べたデータ(福井.2011年)による平均的な種数は22種であり、皿池湿原の湿原生植物の種多様性は非常に高く、県下トップクラスといえます。
また、湿原特有の昆虫であるハッチョウトンボ、ヒメタイコウチも確認されており、「兵庫県版レッドデータブック2012(昆虫類)」(兵庫県.2012)による貴重性のランクは、ハッチョウトンボがBランク、ヒメタイコウチがAランクとなっています。
その他、湿原周辺にみられる里山林、湿生林、ため池、草地などの生態系には、それぞれにおいて育まれる多様な生きものを見ることができます。

 

皿池湿原の貴重な生態系が、県の指定文化財(天然記念物)に指定されました!

皿池湿原は、湿原生植物が48種類確認されていること、「兵庫県版レッドデータブック」において、生態系、湿地植物群落でAランクに指定されていることなどが評価され、平成31年3月12日付で県の指定文化財(天然記念物)に指定されました。県指定文化財(天然記念物)としては、大舟寺(だいしゅうじ)のカヤ(波豆川)に次いで2例目となります。

 

指定文化財指定書交付式の様子

koufu02  koufu01

平成31年4月23日に兵庫県公館で指定書の交付を受けました。

 

皿池湿原保全活動計画について

三田市新環境基本計画で定める「市民の環(わ)で自然と暮らしをはぐくむまち三田」の実現を目指し、皿池湿原の素晴らしい自然環境を良好な状態で次世代に引く継ぎ、持続的に利活用していくための方針を定めた保全活動計画を策定しました。

 

    「皿池湿原保全活動計画  ~生物多様性さらいけ戦略~」                                                         keikaku                         

          表紙・はじめに・目次・第1章(「皿池湿原保全活動計画」策定の背景)(PDF:1,911KB)

          第2章(皿池湿原の現状と課題)(PDF:5,906KB)

          第3章(「皿池湿原保全活動計画」が目指すもの)・第4章(行動計画)(PDF:622KB)

          第5章(推進体制)・参考文献・奥付け(PDF:407KB)

 

保全への取り組みについて

貴重な生態系が残る皿池湿原ですが、周辺の里山林が活用されなくなった結果、一部で湿原の樹林化が進むなど湿原環境の悪化がみられました。そこで市では、平成26年度より、樹林化した箇所の伐採や、土壌の掘り取りを行うなどの植生管理を実施するとともに、平成29年度からは、ボランティア組織「皿池湿原の守り人(もりびと)」を発足し、市民や企業、地域団体などの力も借りながら保全を進めています。現在、「皿池湿原の守り人」には、個人45名、企業1社(平成31年3月末現在)が登録され活動を行っています。

 

     「皿池湿原の守り人」専用ホームページ (外部サイトへリンク)

  

           「皿池湿原の守り人」活動の様子

          2906022         290621

                                             活動始動式                                                                          管理作業

          moribito24        moribito25

                                             管理作業                                                                             植生調査

 

お知らせ

   《  参加募集中のイベント  》

 

 現在募集中のイベントはありません。

  

 

 [  令和元年度開催  皿池湿原ハッチョウトンボとトキソウの観察会の様子  (6月8日)  ]

 

            toki1        toki

           hati1        tokisou1

[  令和元年度開催  皿池湿原見学会の様子  (8月25日)  ]

           kann1        kann2

           kann3        kann4

          

現在、皿池湿原は希少動植物の保護、外来生物の持ち込み防止などを目的として、関係者以外の立入を禁止しております。現地の見学につきましては、市が開催する見学会などにご参加ください。

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちの再生部環境共生室里山のまちづくり課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5226

ファクス番号:079-562-3555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?