• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 産業・都市形成 > 農林業 > 農業 > 利用権設定(農地の貸し借り)について

ここから本文です。

利用権設定(農地の貸し借り)について

農地を貸したいとき

農業をリタイアする等で農地を貸したい場合、以下の方法があります。

(1)三田市農業創造課で利用権設定を申請する。(利用権設定等促進事業)

(2)農地中間管理機構「公益社団法人兵庫みどり公社」を利用する。(中間管理事業)

それぞれ手続きに違いがありますので、下記をご覧のうえ、希望に沿った窓口をご利用ください。

※可能であれば、まずは地域の農会、農業委員、JAにご相談のうえ利用権設定の申請をご検討ください。

※JA兵庫六甲で行っている利用権設定(円滑化事業)は、制度の変更に伴い令和2年4月以降の新規の契約および既存の契約の更新ができなくなります。

三田市農業創造課で利用権設定を申請する

利用権設定とは、農業経営基盤強化促進法に基づき、農地を貸したいという農地所有者(貸し手)と農業経営の規模拡大を図りたいという認定農業者等の担い手(借り手)との間で、安心して農地の貸し借りができる事業です。

  • 利用権を設定できる農地は市街化調整区域内の農地です。
  • 農地法の許可は不要です。
  • 貸した農地は設定した期間が終了すれば、自動的に貸し手である農地所有者に返ります。
  • 貸し手・借り手の方には、利用権設定の期間が終了する前に更新の意向確認書を送ります。
  • 利用権は毎月20日頃に行われる農業委員会の決定を経て「農用地利用集積計画」を作成し、公告することにより効力が発生します。

利用権設定の申請方法

利用権設定による農地の貸し借りを希望される方は、利用権を開始する月の2か月前の20日までに農地所有者(貸し手)と耕作者(借り手)との間で権利の種類・期間等を話し合いのうえ、「利用権設定用紙」を農業創造課まで提出してください。

※「利用権設定用紙」は農業創造課窓口で配布します。「利用権設定用紙」の郵送を希望される方は、農業創造課までお問い合わせください。

  • 利用権は賃貸借権(賃料、物納を伴う貸し借り)と使用貸借権(無償の貸し借り)の2種類です。                           賃借料の水準については、こちらをご参照ください。 農業委員会「農地の賃借料情報」
  • 設定期間は原則として年単位で1年・3年・5年・10年が目安となっています。

手続きのスケジュール

毎月20日までに書類提出 → 翌月20日頃の農業委員会で決定 →翌月末に公告(効力発生) → 翌々月1日より開始

(例)4月20日までに書類提出 → 5月20日の農業委員会で決定 → 5月末に公告(効力発生) → 6月1日より開始

※利用権設定には2か月ほどかかります。できるだけ早い提出をお願いいたします。

以下の場合は申請前にご相談ください

  • 農地が未相続である。
  • 農地の所有者が複数いる。
  • 相続税または贈与税の納税猶予を受けている。
  • 耕作者(借り手)が農地所有適格法人以外の法人である。
  • 新規就農する予定である。 
  • 市街化区域内の農地を貸したい。

この他にも何かご不明な点がございましたら、農業創造課または農業委員会にご相談ください。

 農地中間管理機構「公益社団法人兵庫みどり公社」を利用する

農地中間管理事業とは、公的機関である農地中間管理機構(兵庫県では、公益社団法人兵庫みどり公社)が農地を借り受け、認定農業者等の担い手にまとまった形で農地を貸し出すものです。

  • 市街化区域以外の農用地等が貸借の対象となります。(市街化区域内の農地であっても、市街化区域外の農地と一体的に農業利用されている農地であれば対象となります)
  • 農用地等を借り受ける期間は、原則10年以上とします。 

 公益社団法人兵庫みどり公社公式ホームページ(外部サイトへリンク)

農地中間管理機構の利用方法

農地の受け手(担い手)

農地の受け手の方は借受希望者の登録が必要です。「農用地等借受希望申込書」に必要事項を記入して、三田市農業創造課または、阪神農地管理事務所に郵送、ファクスまたは持参により提出してください。

 「農用地等借受希望申込書」パンフレット(PDF:2,038KB)

 「借受希望者募集区域一覧表」(農業振興地域)(PDF:419KB)

 「農用地等借受希望申込書」(PDF:208KB)

 「農用地等借受希望申込書」(エクセルxlsx:33KB)

農地の出し手(土地所有者)

農地の出し手の方は貸し付けを希望する農地の登録が必要です。「農地中間管理事業貸付希望農用地等登録申出書」に必要事項を記入して、三田市農業創造課または、阪神農地管理事務所に郵送、ファクスまたは持参により提出してください。

 「農地中間管理事業貸付希望農地等登録申出書」パンフレット(PDF:1,937KB)

 「農地中間管理事業貸付希望農地等登録申出書」(PDF:140KB)

 「農地中間管理事業貸付希望農地等登録申出書」(ワードdocx:20KB)

 「農地中間管理事業貸付希望農地等登録申出書」(別紙)(PDF:282KB)

 「農地中間管理事業貸付希望農地等登録申出書」(別紙)(エクセルxlsx:49KB)

 

JA兵庫六甲で行っている利用権設定(円滑化事業)の統合一体化について

農地中間管理事業が施行から5年を経て見直しが行われ、農地の集積・集約化を支援する体制の一体化を図る観点から、JAが行っている円滑化事業と兵庫みどり公社が行っている農地中間管理事業が令和2年4月に統合されます。

円滑化事業と中間管理事業の統合一体化による主な変更点など

(1)令和2年4月以降、円滑化事業を通じて新規の契約や既存の契約の更新ができなくなります。

(2)円滑化事業を通じて貸借を行っている農地は、令和2年4月以降、契約期間が満了したものから随時利用権設定等促進事業や中間管理事業へ移行していただくことになります。

(3)令和2年4月の時点で円滑化事業での契約期間が残っている契約については、期間満了まで引き続き円滑化事業をご利用いただけます。 

 

統合前(令和2年3月31日まで)

統合後(令和2年4月1日から)

 

中間管理事業         (兵庫みどり公社)

円滑化事業(JA)

中間管理事業(兵庫みどり公社)

事業区域

農業振興地域内

市街化区域以外

※市街化区域外の農地と一体的に農業利用されている市街化区域内の農地は対象にできます

市街化区域以外

※市街化区域外の農地と一体的に農業利用されている市街化区域内の農地は対象にできます

貸借の対象となる土地の種類

  1. 農地・採草牧地
  2. 混牧林地
  3. 農業用施設用地
  1. 農地・採草牧地
  2. 混牧林地
  3. 農業用施設用地
  4. 開発して農用地または農業用施設の用に供される土地とすることが適当な土地
  1. 農地・採草牧地
  2. 混牧林地
  3. 農業用施設用地
  4. 開発して農用地または農業用施設の用に供される土地とすることが適当な土地

 

利用権設定等促進事業と中間管理事業での契約内容の違い

(1)利用権設定等促進事業では年単位で希望の年数での契約が可能ですが、中間管理事業では原則10年以上の契約となっており、3年や5年といった短期での契約ができなくなっています。

(2)賃借料を精算する際、中間管理事業では農地の貸手と借手の間に兵庫みどり公社が入るため、兵庫みどり公社が回収と支払いを代行いたします。利用権設定等促進事業においては、公的機関を介さずに直接利用権を設定するため、契約者間で直接精算を行っていただくことになります。

(3)利用権設定等促進事業では金銭での支払いの他、作物での物納など契約者間で任意の支払方法が選択できますが、中間管理事業は物納には対応しておらず、金銭による賃貸借のみとなります。 

  利用権設定等促進事業(市) 中間管理事業(兵庫みどり公社) 円滑化事業(JA) ※廃止
契約期間 原則として年単位で希望する期間 原則10年以上 年単位で希望する期間
賃借料の精算 契約者間で直接精算 兵庫みどり公社が代行 JAが代行
支払方法

契約者間で取り決め

  1. 口座振込 
  2. 現金
  3. 作物で物納など

請求書支払いのみ

契約者間で取り決め  

  1. 口座振込/振替
  2. 作物で物納など

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域創生部産業戦略室農業創造課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5089

ファクス番号:079-562-2175

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?