• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 消費者トラブル情報・お知らせ > 伸びゆく三田掲載「消費生活情報」 > フリマアプリのトラブルにご注意ください~個人間取引は自己責任、リスクを伴います~(平成29年7月15日号伸びゆく三田掲載)

ここから本文です。

フリマアプリのトラブルにご注意ください~個人間取引は自己責任、リスクを伴います~(平成29年7月15日号伸びゆく三田掲載)

フリマアプリは、オンライン上でフリーマーケットのように物品の売買ができるアプリケーションのことです。アプリ上で会員登録したうえで、出品から購入手続き、相手とのやり取りや決済までスマートフォンで簡単にできます。利用者が増える一方で、トラブルも報告されています。

【事例】フリマアプリでブランドの財布を買った。広告には「未使用に近い。返品不可」と書いていたが届いた商品は色あせし、傷がついていた。出品者に苦情を伝えたが「1か月しか使っていない。返品は受け付けられないと書いている。」と断られた。納得いかない。
 (20歳代女性)
フリマアプリでは、金銭や品物のやりとりは、売主と買主の間に運営会社が入り仲介します。トラブルが発生した場合、サービスの運営上必要だと判断された場合は取引のキャンセルや返金のサポートをすることもあるようですが、基本的に個人間取引となるため、当事者間で解決するのが原則となっています。「自己責任」というリスクを認識して利用しましょう。消費生活センターも、個人間取引で起きたトラブルは相談の対象外となっているので注意が必要です。

フリマアプリはだれでも参加できるので、マナーの悪い人や取引に不慣れな人も参加している可能性があります。取引をする際は、アプリの規約をよく読み、その上で、出品者が設定したルールの確認や商品、送料等についての情報収集をしっかり行い、トラブルが起こった際のリスクも勘案し、慎重に利用しましょう。また、売主の場合、利用者から一定のクレームを受けると運営会社から利用停止措置を受けることがあります。

当事例では個人間取引であることを説明し、アプリ運営会社に苦情を伝えたうえで、双方話し合うよう助言しました。

 【アドバイス】
・取引相手や商品等について十分検討し、取引は慎重に行いましょう。
・出品する人も購入する人も利用規約をよく読み、ルールとマナーを守って利用するようにしましょう。

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?