• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 賢い消費者になりましょう(ラジオ番組) > 【強引に魚介類を購入させる手口に気を付けよう!】【「お金がない」では断れない!きっぱり断りましょう】(令和3年9月20日放送)

ここから本文です。

【強引に魚介類を購入させる手口に気を付けよう!】【「お金がない」では断れない!きっぱり断りましょう】(令和3年9月20日放送)

地元FM局・ハニーFMに消費生活センターの相談員や市職員が出演し、消費生活に関する話題を解説する広報番組「賢い消費者になりましょう」。毎月第3月曜日の15時10分~15時30分に放送していますので、ぜひお聴きください。

賢い消費者になりましょう

賢い消費者になりましょう令和3年9月20日の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からお聴きいただけます。(外部サイトへリンク)

放送内容

第1部   強引に魚介類を購入させる手口に気を付けよう!

広報さんだ9月号でもお知らせした事例です。文字で内容を確認するときは、下記のリンクをご覧ください。 

第2部   「お金がない」では断れない!きっぱり断りましょう

高齢者は「お金」「健康」「孤独」の3つの大きな不安を持っているといわれています。悪質業者は言葉巧みにこれらの不安をあおり、親切にして信用させ、年金や貯蓄などの大切な財産を狙っています。高齢者は自宅にいることが多いため、電話勧誘販売や訪販販売による被害にあいやすいのも特徴です。
トラブルにあわないために、高齢者に多いトラブルの事例や手口などの「情報」を集めることはとても有効です。
そこで今回は、「お金が支払えない」などと言って断っている消費者に対して、借金やクレジット契約をさせてまで強引に契約を結ばせる手口についてお話ししたいと思います。

事例

  •   約2年前、着物販売店の展示会に誘われて行き、着物セット約130 万円をクレジットの分割払いで契約した。数か月後、また展示会に誘われ、着物等約90 万円の分割払い契約をした。その2カ月後、また着物販売店から展示会に誘われた。
  • 「もう支払えない。買いたくない」と拒否したが、「あなたは選ばれた人だ。今まで展示会での飲食代をサービスしたり、プレゼントをあげたりしているのだから買ってください」などと迫られ断り切れず、言われるがままクレジット払いで約80 万円の帯類を契約した。その後もしつこく展示会に勧誘され、袋帯やつむぎなど約60 万円を契約し、さらにまた別の展示会に誘われて帯類約40 万円の契約をさせられた。
  • 約10万円の月収では支払いきれないので、支払いに充てるためキャッシングなどで多額のお金を借りてしまい、返済が厳しい。クレジット契約の残債もまだ200 万円以上残っている。どうすればよいか。

アドバイス

  1. 「お金が支払えない」という断り方はやめ、きっぱりと断りましう!
     「お金が支払えないから」と断っても、借金や分割クレジット払いを持ちかけられ、さまざまな強引な勧誘で断る理由を封じられてしまう場合があります。また、このような断り方では、事業者に「お金の問題が解決すれば契約してくれる」「本当は買いたい気持ちがある」などと曲解されるおそれがあります。一度断り切れず契約をしてしまうと、次々と契約を迫られ多額の借金を背負ってしまう場合もあります。望まない契約ならば、「いりません」「やめます」とだけ伝え、簡潔に断りましょう。
  2. 無理な契約にならないよう気を付けましょう。
    借金契約や分割クレジット払いは、借入金額や金利を正しく認識し、貯蓄・収入と支出(返済額)のバランスを考え、計画的に返済できるか十分に検討した上で契約しましょう。
    生計を圧迫するほどの無理な契約をしてしまうと、長期間にわたり苦しい生活が続きます。そこまでして契約すべきものなのか、よく考えましょう。

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

1.ご相談は、詳しいやり取りが必要になるため、上記への電話または来所でお願いします。
2.電話または来所による相談ができない場合に限り、ファクスまたはこの問い合わせフォームでお知らせください。センターからの連絡のため、連絡先を必ず記入してください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?