• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 賢い消費者になりましょう(ラジオ番組) > 電話勧誘に気を付けよう!(令和2年12月21日放送)

ここから本文です。

電話勧誘に気を付けよう!(令和2年12月21日放送)

地元FM局・ハニーFMに消費生活センターの相談員や市職員が出演し、消費生活に関する話題を解説する広報番組「賢い消費者になりましょう」。毎月第3月曜日の15時10分~15時30分に放送していますので、ぜひお聴きください。

賢い消費者になりましょう

 賢い消費者になりましょう令和2年12月21日の内容を、ハニーFMのホームページ内「アーカイブハニー」からお聴きいただけます。(外部サイトへリンク)

 

放送内容

 ~突然の電話勧誘。はっきりと断れますか?~

突然自宅にかかってくる商品販売やサービス提供の勧誘電話。ついつい話を聞いてしまい、必要でない商品を購入することがあります。普段から、電話勧誘に対する対策を考え、被害にあわないようにしましょう。

【事例】

先週、自宅に一人でいるときに、電話がなったので出ると、世間話の後、4万円の皇室写真集を勧誘され、考える間もなく「購入します。」と答えた。支払いは、商品到着後と聞いた。よく考えたら、写真集は不要なので断りたい。事業者名や連絡先が不明だが、クーリング・オフできるのか。

商品が届いたら、「受け取り拒否したうえで、送り状だけ写真に撮り、送り状に書かれた会社にクーリング・オフの書面を発送する」ようにしてください。

電話勧誘は、事業者が突然電話をかけてきて販売勧誘を行う点で、不意打ち的でトラブルが生じやすいことから、特定商取引法で規制されています。曖昧な返事をとらえて強引に契約に引き込んだり、断っても何回も電話をしてくるので、仕方なく契約をしてしまうことがないよう注意が必要です。

(アドバイス)
(1) 話を聞いていると断りにくくなります。購入の意思がないのなら、早めに電話を切りましょう。
(2) 電話勧誘販売では、契約締結の意思がないことを表示した人に対しての再勧誘は禁止されています。契約する意思がないことをはっきりと意思表示することが大切です。
(3) 電話で勧誘され商品を購入した場合、法定書面を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフができます。また、クーリング・オフ期間が過ぎてしまっても、解約ができる場合があるので、一人で悩まずご相談ください。
(4) 勧誘電話を避けたい場合は、留守番電話機能の設定や、発信番号表示サービスの利用申し込み、通話録音装置の設置などを行い、発信者を確認してから電話に出るようにしましょう。

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

※ご相談は、消費生活センター(079-559-5059)へ電話または来所でお願いします。
こちらのお問い合わせフォームからのご相談はお受けできませんので、ご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?