• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 賢い消費者になりましょう(ラジオ番組) > 市役所をかたる訪問者や電話に気をつけて!(令和元年12月16日放送)

ここから本文です。

市役所をかたる訪問者や電話に気をつけて!(令和元年12月16日放送)

地元FM局・ハニーFMに消費生活センターの相談員や市職員が出演し、消費生活に関する話題を解説する広報番組「賢い消費者になりましょう」。毎月第3月曜日の15時10分~15時30分に放送していますので、ぜひお聴きください。

 

 

市役所の職員を装って、消費者宅を訪問する悪質業者や電話をかけてお金をだまし取ろうとする詐欺の相談が寄せられています。安易に応じないように気をつけましょう。

<事例1>
作業着姿の男性が「市役所から来た。後日エアコンの掃除をする」と訪問し、作業日を約束した。しかし、都合が悪くなり、訪問を断ろうと思って市役所に電話したところ、「市ではそのようなことはしていない」と言われた。(80歳代女性)

 これは「かたり商法」です!
訪問販売業者が市役所、消防署、消費生活センターなどの公的機関や有名企業などの職員、またはその関係者であるかのように思わせて、商品やサービスを契約させる悪質商法です。
アドバイス
・市役所の職員や市から委託を受けたとかたる業者が突然に家庭を訪問して、商品やサービスの契約を持ちかけることはありません。玄関を開けずにきっぱりと断りましょう。
・訪問販売で商品やサービスを契約した時は契約書を受け取って8日間はクーリング・オフ(無条件の契約解除)を主張できます。できるだけ早く、消費生活センター、消費者ホットライン「(局番なし)188」に相談しましょう。
<事例2>
市役所をかたって、夫宛てに「保険料の返納申請書を送ったが手続きされていない。今日が期限となっている。銀行のATMへ行けば6万5千円を返す」と電話があった。夫は外出していたので担当者名と連絡先を聞いて電話を切った。夫の名前を知っていたので市役所からの電話と信じていた。夫が帰宅し、聞いていた番号に電話したが、留守番電話だった。市役所に出向くと担当者も電これは「還付金詐欺」です!
「お金が戻ってくるのでATMへいくように」という電話は還付金詐欺です。相手にせず、すぐに電話を切ることが大事です。
話番号も存在しなかった。(70歳代女性)

アドバイス
・市役所の職員がATMへ行くように電話することは絶対ありません。すぐに最寄りの警察署や消費生活センターに連絡しましょう。
◎少しでも不安を感じたら三田市消費生活センターにご相談ください。

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

※ご相談は、消費生活センター(079-559-5059)へ電話または来所でお願いします。
こちらのお問い合わせフォームからのご相談はお受けできませんので、ご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?