• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 消費生活 > 消費者トラブル情報・お知らせ > よくある消費者トラブル > 架空請求メール「身に覚えのない支払いを求められた!」

ここから本文です。

架空請求メール「身に覚えのない支払いを求められた!」

 「利用した覚えのない料金を請求するメールが届いた」という相談が後を絶ちません。サイト登録料やコンテンツ利用料などが未払いであるとして支払いを求めるメールが携帯電話、スマートフォン、パソコンなどに届くというものです。「支払わなければ法的手段をとる」「財産を差し押さえる」など恐怖心をあおることが書いてあるのも特徴です。

 このようなメールが届いた場合は、あわてて相手に連絡することなく無視しましょう。

 また、「この請求に心あたりのない方はこちら」などと事業者の連絡先が記載されている場合もありますが、絶対に連絡しないようにしましょう。電話をしても解約どころか何かと理由をつけて払うように迫られ、相手に電話番号を知られてしまうことにもなります。

 脅されて怖くなり、さっさと支払ってしまおうと思ったり、あるいは過去に自分が使った別事業者の請求と勘違し、支払おうとする人もいるかもしれません。こうした恐怖心や勘違いなどに付け込む手口です。「どうしよう?」と思ったら、消費生活センターにご相談ください。

実際に送られてきたメールの例

「あなたが登録している有料総合情報サイトから依頼を受け、債権債務の調査の任にあたる事になりましたので通知いたします。無料期間が終了しているにも関わらず退会する旨の通知がなく料金が発生しています。携帯会社へ利用端末情報開示請求を行い、メールアドレスを確認し送信しました。今すぐ、代理人弁護士へ連絡されない場合は民事訴訟の手続きに入ります。」

「登録している情報サイトの退会処理が行われていません。運営業者から、再三にわたりメールで連絡していますが返答がないため、当社から最終通達をしています。このまま放置すると調査に移り、弁護士費用、調査費用、延滞損害金が加算されます。信用情報機関への延滞情報登録、勤務先への給与差し押さえ手続きや訴訟に移行する前に相談にのりますので、本日中にご連絡ください。」 

 メールには、事業者名や住所が書かれておらず、いつ、何をいくらで利用したのかなど請求内容が不明確です。さらに、請求先である相談者の氏名や住所の記載がない状況から、相手が知っているのはメールアドレスだけではないかと推測されます。何らかの経緯で相談者のメールアドレスを知ったのか、ランダムにメールアドレスを作成しているのかは不明ですが、根拠のない請求メールを大量に送りつけているものと思われます。

「株式会社DMM.com」をかたり、有料動画サイトが未払いであるとしてSMSで請求するケース

 SMS(ショートメッセージサービス)は、メールアドレスではなく、携帯電話番号を宛先にしてメッセージを送受信するサービスです。このSMSによる架空請求の相談も多数寄せられています。「最終通告です。有料動画閲覧履歴があり、登録解除の連絡を本日いただけない場合、法的手続きに移行します。03○○○○○○○○DMM」などと株式会社DMM.comをかたるものが多数です。

詳細は、消費者庁ホームページをご覧ください。

SMSを用いて有料動画サイトの未払料金名目等で金銭を支払わせようとする「株式会社DMM.com をかたる事業者」に関する注意喚起(外部サイトへリンク)

音声ガイダンスを利用した架空請求もあります

 メールによる架空請求のほか、音声ガイダンスを利用した電話での架空請求も報告されています。

音声ガイダンスを利用した架空請求(外部サイトへリンク)

「テレビで無視をしてはいけない架空請求もあると言っていたが・・・」

 架空請求についての相談ではこのような質問を受けることがあります。架空請求はより悪質かつ、巧妙になり続けています。架空請求の被害に遭わないためには、「一切無視すること」と全国の消費生活センター等がアドバイスをしてきました。このことを逆手にとって「少額訴訟」を利用した悪質な架空請求が発生し、消費者が裁判所からの通達を放置したことで非常に不利な状況に陥ったという事例が報告されています。

 裁判所からの裁判についての通達は、裁判所の封筒により「特別送達」という特殊な郵便で送付されます。

【正当な裁判所からの通達とは?】

  • ハガキや普通郵便で届くことはない
  • 郵便配達人が直接本人に届け、受領印を求めるため、郵便受けに投げ込むということはない
  • 封筒には裁判所名と「特別送達」という記載がある
  • 事件番号及び事件名が必ず記載されている

 万一受取った郵便が正当な裁判所からの通達であれば、放置しておくと極めて不利になります。早急に差出の裁判所に問い合わせ、弁護士や消費生活センターに相談してください。

 

 

国民生活センターのホームページもご参照ください。
悪質な「利用した覚えのない請求」が横行しています(外部サイトへリンク)

 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり協働センター   担当者名:消費生活センター

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5059

ファクス番号:079-563-8001

※ご相談は、消費生活センター(079-559-5059)へ電話または来所でお願いします。
  こちらのお問い合わせフォームからのご相談はお受けできませんので、ご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?