• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 安全・安心 > 暴力・虐待 > 若年層への性暴力被害予防  「被害にあっているかも」と思ったら、ひとりで悩まずご相談ください。(内閣府啓発サイト)

ここから本文です。

若年層への性暴力被害予防  「被害にあっているかも」と思ったら、ひとりで悩まずご相談ください。(内閣府啓発サイト)

  近年、アダルトビデオ出演強要問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により若年層の女性が性的な被害に遭う問題が発生している他、レイプドラッグ、酒に酔わせての性的行為強要、SNSを利用した性被害、セクシュアル・ハラスメントなど若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあります。
  こうした問題は、被害者の心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害であるとともに、女性活躍の前提となる安全で安心な暮らしの基盤を揺るがすものです。
  特に 春は進学・就職等に伴って若年層の生活環境が大きく変わり被害に遭うリスクが高まることが予想される時期であり、巧妙化する性犯罪から10代、20代これら若年層を守らなければなりません。国では、4月を「若年層の性暴力被害予防月間」と位置付け、若年層に対する性犯罪・性暴力の問題に関する取組を一層強化するとともに、若年層への意識啓発や教育の充実、相談窓口の周知などの取り組みを実施しています。 

若年層性暴力被害


・若年層の性暴力防止月間(内閣府)(外部サイトへリンク)

内閣府男女共同参画局では専門サイトを開設、被害事例や相談窓口などを紹介し、その根絶に取り組んでいます。詳しくは、下被害防止啓発サイトをご覧ください。
・若年層を対象とした性的な暴力の啓発(AV出演強要問題や「JKビジネス」等被害防止啓発など)(内閣府)(外部サイトへリンク) 

AV出演強要政府広報

・AV強要相談窓口(外部サイトへリンク)
・JKビジネス相談窓口(外部サイトへリンク)

性犯罪・性暴力に関する相談窓口

性犯罪・性暴力に関する相談窓口です。産婦人科医療やカウンセリング、法律相談などの専門機関とも連携しています。ひとりで抱え込まず、ためらわずにご相談ください。

相談電話  全国共通番号

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター相談電話(全国共通) ♯8891(はやくワンストップ)
発信場所から最寄りのワンストップ支援センターにつながります。
警察庁性犯罪被害相談電話(全国共通) ♯8103(ハートさん)
発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪被害相談電話窓口へつながります。

 

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

ひょうご性被害ケアセンターよりそい(外部サイトへリンク) 電話078-367-7874(相談無料)
相談受付日時
月・火・水・金・土曜日10時00分~16時00分
(日・祝・12月28日から1月4日、8月12日から16日を除く)

 全国の性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター一覧(外部サイトへリンク)

 

性犯罪被害全般

ひょうご被害者支援センター(外部サイトへリンク)

電話078-367-7833(相談無料)
相談受付日時
火・水・金・土曜日10時00分~16時00分
(日・祝・12月28日から1月4日、8月12日から16日を除く)

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター  

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-563-8000

ファクス番号:079-563-8001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?