• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 随意契約 > 平成26年度 (随意契約) > 平成26年度随意契約(まちづくり協働センター)

ここから本文です。

平成26年度随意契約(まちづくり協働センター)

 随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

法律相談業務委託

案件の概要

 弁護士による無料法律相談。毎週水曜(50回)及び第1・3土曜日(21回)に開催

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成26年4月1日

契約の相手方

 兵庫県弁護士会

契約金額 

2,851,060円 (うち消費税相当額 200,040円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成27年3月31日まで

随意契約とした理由 

 本件業務は、法律的な問題で悩みを抱えている市内在住・在勤の方を対象に、無料で弁護士に相談する機会を提供するものである。弁護士の派遣については、兵庫県弁護士会が県内に事務所を置く全ての弁護士が会員となっている公益法人であることから、兵庫県弁護士会に依頼するのが適当である。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

  

随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

消費生活プラザ運営業務

案件の概要

 消費生活プラザの運営に関する業務

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成26年4月1日

契約の相手方

 三田市消費者協会

契約金額 

2,730,000円 (うち消費税相当額 0円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成27年3月31日まで

随意契約とした理由 

消費生活プラザは市民の消費生活に関する啓発を行う目的で設置されており、市民にとって身近で、市民目線にたった運営ができるよう、市民団体に運営を委託している。そこで、豊富な活動経験や幅広いネットワークを保有する市民団体であり、市民に最も身近な消費者団体である三田市消費者協会に本件業務委託を行うことにより、消費生活プラザが担う情報収集・提供、活動への支援といった効果的な業務の展開が期待できる。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

  

随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

人権・男女共同参画プラザ運営業務委託

案件の概要

 人権・男女共同参画プラザの運営に関する業務

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成26年4月1日

契約の相手方

 株式会社 リベラル

契約金額 

 3,065,143円 (うち消費税相当額 227,047円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成27年3月31日まで

随意契約とした理由 

平成23年度に公募型企画提案方式により運営団体を選定した。公募の際には、その業務の専門性等から「業務の実績が良好であると認められた場合は、平成26年度まで単年度ごとに契約を更新できる」として公募を行った。当相手方は、上記公募により最適団体として選定されており、その後の業務実績も良好である。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 

  随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

国際交流プラザ運営業務

案件の概要

 国際交流プラザの運営に関する業務

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成26年4月1日

契約の相手方

 三田市国際交流協会

契約金額 

2,738,000円 (うち消費税相当額 0円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成27年3月31日まで

随意契約とした理由 

  

三田市国際交流協会は、既に国際交流に関する専門的知識や幅広いネットワークを有し、公共・公益的な活動を積極的に展開しており、姉妹都市交流や在住外国人との交流事業にも相当の実績がある。当該団体に業務委託を行うことで、プラザが担う情報収集・提供、団体間のネットワーク構築や活動支援といった業務の効果的な展開が期待できる。また、過去の活動実績から、将来に向けた安定的・継続的な運営が可能な団体であるといえる。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 

 随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

まちづくり協働センター施設維持管理業務

案件の概要

まちづくり協働センターの施設維持管理に関する業務

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成26年4月1日

契約の相手方

三田地域振興株式会社

契約金額 

8,961,473円 (うち消費税相当額 663,812円) 

契約期間

契約を行った日 ~ 平成27年3月31日まで

随意契約とした理由 

  三田地域振興(株)は、三田駅前一番館ビル全体の運営管理者の責任において、ビル全体の施設を一体的に管理しており、当該施設管理に関する業務(設備定期点検業務、施設維持管理業務、清掃管理業務)についても、ビル全体共用部分及び自社非リース部分の業務を実施している。よって施設の維持管理に関し一体的で高効率・低コストな業務執行が可能なため。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 随意契約結果表

担当課名

まちづくり協働センター

案件名 

人権・男女共同参画プラザ運営業務

案件の概要

人権・男女共同参画プラザの運営に関する業務

随意契約の種類

単独随意契約 

契約年月日 

平成27年3月27日

契約の相手方

特定非営利活動法人 アンダス・フリット

契約金額 

17,961,480円(うち消費税相当額 1,330,480円)

契約期間

平成27年4月1日~平成30年3月31日まで

随意契約とした理由 

人権・男女共同参画プラザの運営業務は、男女共同参画社会の実現に向けて、男女共同参画に関する情報の提供や啓発事業の実施、女性の再チャレンジへの支援など、市民の目線に立った男女共同参画に関する総合的な啓発を行うことであり、運営には高い専門知識や中間支援行う窓口としてのノウハウが求められる。よって、経費による比較だけでは適切な運営団体を選考することができないため、公募型企画提案方式を行い、当運営団体を選定した。

随意契約とした法的根拠

 地方自治法施行令第167条の2第1項第2号の規定による。
(その性質または目的が競争入札に適しないもの)

 

 

特によくあるご質問

お問い合わせ

まちづくり協働センター  

住所:〒669-1528 三田市駅前町2番1号 三田駅前一番館6階

電話番号:079-559-5154

ファクス番号:079-563-8001

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?