• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > その他の福祉 > 生活関連・緊急サポートセンター(生活相談ダイヤル)

ここから本文です。

生活関連・緊急サポートセンター(生活相談ダイヤル)

生活関連・緊急サポートセンターとは

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、支援制度や収入面に関することなど、様々な相談が寄せられています。また、今後も日常生活の大きな変化により、心身への負担や経済的な影響が大きくなっていくことが考えられます。
このような状況に円滑に対応するため、「生活関連・緊急サポートセンター」を設置し、生活支援に関する相談や支援事業を行います。

  • 緊急サポート・生活相談ダイヤル(電話:079-559-5111)
  • 生活状況の把握と支援事業(緊急訪問) の実施

 緊急サポート・生活相談ダイヤル

 緊急サポート・生活相談ダイヤルでは、新型コロナウイルス感染症に関連する支援制度や事業の案内、納付等に関すること、専門窓口の紹介など、様々な相談を受け付けています。

設置期間:令和2年4月28日(火曜日)から6月30日(火曜日) ※以降は状況により判断

受付時間:平日9時00分~17時30分 ※ただし、5月6日までの期間は毎日開設。

電話番号:079-559-5111

主な相談内容

  •  新型コロナウイルス感染症に関連する支援制度や給付金等の案内
  •  納付等の相談に関することの案内
    市税、国民健康保険税における徴収猶予、国民年金保険料の免除・納付猶予、水道料金、下水道料金の支払いなど
  •  生活福祉資金(緊急小口資金、総合支援資金)に係る新型コロナウイルス特例貸付金、住居確保給付金等に関する案内
  • 専門窓口(心のケア、DV・虐待の相談など)の紹介
  • その他、生活支援に関すること

 生活状況の把握と支援事業(緊急訪問)の実施

外出自粛や休校、在宅勤務等により、日常生活が大きく変化することで、ストレスや不安、イライラの要因となり、突発的なトラブルや虐待等が発生することを防止し、心身のケアを図ることを目的として、高齢者や障害者、子どもなど、様々な対象者の生活状況を把握するとともに、必要な場合は緊急訪問を行うなど状況に応じた支援を実施します。

◆実施概要

  1. 生活状況の把握(聞き取り調査)
    ・各対象者への電話連絡等により心身の様子や生活状況を聞き取り。
    ・スクリーニングシート等によりケアの必要性やリスク要因を把握。
  2. スクリーニング
    ・リスク要因について緊急度や重要度を分析し、状況に応じて電話等によるフォローや支援事業(緊急訪問)の実施を決定。
  3.  支援事業(緊急訪問)の実施
    ・訪問を要する場合は、市及び関係機関が連携して訪問支援を実施。
    ・リスク要因の軽減、解消に努めるとともに、状況に応じて専門窓口へつなぐなどきめ細やかな支援を実施。
    ※園児・児童・生徒については、家庭訪問など学校園ごとの状況に合わせて訪問支援等を実施。

◆対象
高齢者、障害者、園児・児童・生徒、乳幼児、妊婦、ひとり親 など

特によくあるご質問

お問い合わせ

福祉共生部共生社会推進室生活支援課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5074

ファクス番号:079-562-1294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?