• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 学校給食・学校保健 > 三田の学校給食 > 「和食の日」に母子茶を提供

ここから本文です。

「和食の日」に母子茶を提供

給食に「母子茶」登場!

絵お茶三田市の学校給食は、ユネスコ無形文化遺産である「和食」を取り入れ、より充実した献立作りをしています。学校給食を「生きた教材」として、地元特産品への理解を深めるため、平成27年4月より、月1回「和食の日」に提供する予定です。

「母子茶」カート缶導入にあたって

母子茶の生産者、兵庫六甲農業協同組合の方と打ち合わせを行い、試作・試飲を重ね、母子茶生産加工組合の製造する母子茶(緑茶)を100%使用し、リサイクル可能な紙パック(カート缶)に195gの母子茶(緑茶)を入れたお茶が誕生しました。

茶カートカン

  • 【目的】子どもたちのふるさと意識や日本の食文化である和食への関心を高めます。
  • 【母子茶パッケージのデザイン】平成26年度“食べチャオさんだ!”食育推進事業の絵手紙コンクール特別賞の2作品をデザインしています。

母子茶の生産者を囲んで

平成27年度からの導入に向けて、平成27年3月に生産地域の母子小学校で給食交流を行いました。母子茶の生産者は、「母子茶のおいしさを味わってほしい。」「たくさん飲んで、緑色の茶畑が増えると環境を守ることにつながるんだよ!」と話をしてくださいました。子ども達からは、「ちょっと渋みのあるところが緑茶らしくていい!」「みんなといただくと、いつもよりおいしく感じる!」などの声が聞かれました。

生産者との給食交流

母子小給食

平成27年3月実施『ひなまつり献立』

母子小茶献立

「和食に日」に、母子茶が登場 

平成27年4月、給食が始まり、初めての「和食の日」に「母子茶」が登場しました。地元特産品の母子茶をみんなで味わいました。「ずっと楽しみにしていた今日がやってきました。苦味もあるけど、飲みやすくておいしかった。」「お茶の香りが教室に広がり、気持ちよく食事ができました。」などの感想がよせられました。

平成27年4月実施『和食の日』献立

H27の4月和食の日献立

給食の時間の様子をご覧ください。(PDF:552KB)

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

ゆりのき台給食センター  

住所:〒669-1324 三田市ゆりのき台6丁目8

電話番号:079-567-2279

ファクス番号:079-567-2329

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?