• よくあるご質問
  • 組織から探す
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症高齢者見守り用GPS端末貸与事業

ここから本文です。

認知症高齢者見守り用GPS端末貸与事業

表題

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気で、高齢者の7人に1人に起こるといわれています。

高齢化が進むいま、認知症により帰宅が困難になったり、行方不明になってしまう方が増えています。

三田市ではそのような方々の早期発見と安全確保のため、GPS端末の貸与事業の申請を、

平成28年10月3日より実施しています。

対象者

下記の(1)~(3)の要件すべてに該当する方を当事業の利用対象者とします。

 

(1)三田市に居住する介護保険被保険者で、在宅で介護を受けている方

※介護保険施設等入所者・病院入院者は対象外 

(2)三田市の要支援・要介護認定を受けている方(申請中含む)

(3)認知症により帰宅困難となる恐れがある方

              ※要介護・要支援認定を受けていない方が要件(3)に該当する場合、認定の申請を条件に無償貸与します。

 

  

 利用の流れ

GPSフロー

 

〇高齢者にGPS端末を持ち歩いていただき、ご家族などの支援者が専用サイト上で「位置検索」をすると、位置情報の

URLを添付したメールが届きます。

〇地図上に位置表示されるようになっているので、どこにいるのかわかりやすく安心です。

〇タイマー機能で毎日決まった時間に位置情報の自動発信をすることも可能です。

〈端末情報〉

本体画像

 

 

縦:4.5cm、横:3.8cm、厚さ1.2cm

 

重さは約30gで、生活防水機能も備えています。

充電式で、完全に充電した場合の連続待受時間は約400時間です。

(※使用状況により変わります。)

 

 

〈持ち歩き方の例〉

 

〇普段持ち歩かれるカバンやお守り袋の中に入れる

〇専用の靴に内蔵する

〇首から下げる

 

 シューズ

↑専用靴。靴底の中にセットします。

 

(※専用靴や必要な備品等は利用者自身で購入いただきます。)

 

利用者負担金

 

       ※無償貸与

初期登録料、月額使用料、バッテリー交換代金はすべて市が負担します。

 

ただし、下記の料金については利用者の自己負担となります。

  1. 通信料、充電の際の電気料金
  2. 破損・紛失した場合、本体端末機の代金

 

申請について

 

〇三田市役所4階 いきいき高齢者支援課の窓口で、ご家族等から利用の申請を受け受付イラスト付けます。  

申請書の記入には、以下のものが必要です。

  1. 申請者の印鑑
  2. 申請者の本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)
  3. GPSをお持ちになる高齢者の顔写真・全身写真(できるだけ直近のもの)
  4. 高齢者の介護保険被保険者証

〇申請書を書いて頂きその場で端末の登録を行いますので、メールの確認ができる機器

をお持ちください。(お持ちでない場合でも、ご自身で自宅で設定可能です。)

 

 

資料ダウンロード

パンフレット(PDF:873KB)

Q&A(PDF:298KB)

 

 


 

特によくあるご質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉共生部健康推進室いきいき高齢者支援課

住所:〒669-1595 三田市三輪2丁目1番1号

電話番号:079-559-5070

ファクス番号:079-563-7776

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?